年収200万アップ・未経験職種へ転身など「転職成功事例」多数!

ハタラクティブ ハタラクティブ マイナビジョブ20's マイナビジョブ20's リクらく リクらく

1.20代後半の転職に関する公的なデータは?転職は難しくない?

20代後半の人で「経験スキルを活かした転職はできるのか」「経験が浅いのに転職できるか不安」と思っている人も少なくないでしょう。20代後半での転職は厳しいと耳にする人もいらっしゃると思います。そこで、20代後半の転職が本当に厳しいのか、正しく把握するためにまずは厚生労働省が発表した「平成30年雇用動向調査」のデータ(https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/19-2/dl/kekka_gaiyo-03.pdf)を見てみます。

性、年齢階級別の入職と離職
離職率入職率離職超過率
25〜29歳/男性17.0%15.9%1.1%
25〜29歳/女性23.4%22.5%0.9%

20代後半の男性は17%、女性は23.4%が離職していますが、それぞれ15.9%、22.5%が入職しており、ざっくり言うと「20代後半で退職した人のほとんどの人が転職できている」ことがわかります。また、男性・女性含め、20代後半で約5人に1人が転職していることが把握できます。

2.なぜ20代後半の転職成功率は高いのか?

上記のデータから20代後半の転職成功率は高いのが分かりました。ではなぜ、20代後半の転職成功率は高いのか?その要因としては以下の2つが挙げられます。

・有効求人倍率が高く、仕事が余っている
・新卒採用が難航している企業も多く、20代後半でも未経験職種へ転職できるチャンスがある

まず、皆さんご存知の通り、少子高齢化、経済の回復に伴い、有効求人倍率が高くなっています。有効求人倍率が高いというのは、求人数が求職者数を上回っていることを指します。実際の数値を見ると、2019年9月現在の有効求人倍率は1.59倍で求人数がかなり多い状況だということがわかります。(参考:労働政策研究・研修機構,職業紹介ー都道府県別有効求人倍率/https://www.jil.go.jp/kokunai/statistics/shuyo/0210.html)つまり、転職活動をしても仕事が見つかりやすい状況だというわけです。

また現在、企業の採用活動のレポートなどを見ていると新卒採用で難航している企業も少なくありません。若い人材を確保することができていない企業も多いというのが現状です。ですので、企業は「中途でも若ければ未経験で採用したい」と考えています。20代であれば若いと見られるので、20代後半でも未経験職種への転職のチャンスがあり、選択肢の幅が広く転職成功率も高いというわけです。

3.20代後半の転職で注意するべきポイント

20代後半の転職は厳しいと言えないのはご理解いただけたかと思いますが、ただ注意したいポイントがあります。2つ挙げてみます。それは「未経験業界・職種へ転職するのは厳しい」「マネジメント経験が問われる求人への転職は厳しい」ということです。

先ほど、未経験職種への転職もチャンスはあるとお伝えしましたが、年収を維持して、役職を維持しての転職はなかなか厳しいのかもしれません。20代後半は経験・スキルが問われるので、今までの経験と全く親和性のない業界・職種への転職はやや厳しいという覚悟は必要です。もし、それでもチャレンジしたいと考えるなら、年収が下がること、役職が下がることは覚悟する必要があります。

また、20代後半でマネジメント経験がないのに、マネジメント経験を必須としている求人への転職は厳しいです。求人には年齢制限を載せられないというルールがありますので、記載はしませんが、企業も求人内容に沿った年齢層の採用を目指しています。その中でマネジメント経験を必須としている求人は年収が高いですが、20代後半ではなく30代以降の経験豊富な人材の採用を目指しているので、20代後半で採用されるのは厳しいです。この2つを注意して転職活動をしなければ失敗してしまう可能性があります。

20代後半に多い転職理由

ここで20代後半に多い転職理由を見ておきましょう。20代後半で多く見られる転職理由でよく転職サイトなどに掲載されているものには以下のようなものがあります。

・他にやりたい仕事がある
・給料に不満がある
・残業や休日出勤が多い

これらの転職理由を見ていると、20代後半に入り「このままこの会社にいていいのか」「このままこの仕事を続けていていいのか」という悩みから転職している人が多いと考えられます。また20代後半は男性・女性問わず、ワークキャリアだけでなく、結婚や育児などライフイベントも入ってくる年代です。そうした環境の変化からも、収入面ワークライフバランス面に不安を感じ、転職している人が多いと言えます。

4.(男性・女性別)企業が20代後半の転職者に求めること

ここで企業が20代後半に求めることを男性・女性別にご紹介します。企業が求めることは男性・女性で違ってきます。そこで、それぞれご紹介しますので、ポイントを理解し、自己PRや志望動機を考える際の参考にしてください。

20代後半の男性へ企業が求めること

20代後半の男性へ企業が求めることは多々ありますがここでは以下の3つを挙げてみます。

・キャリアビジョンが明確であること
・経験・スキルを活かしてくれること
・マネジメントできるポテンシャルがあること

20代後半の男性に企業は将来性やこれまでの経験・スキルを活かしてくれること、そしてマネジメントできることを求めています。特に30代、40代になった時に、部下やチームをまとめるポテンシャルがあるかということに注目しています。ですので、20代後半の男性が転職活動をする際は、キャリアビジョンを明確にし、将来性があること、今までの経験・スキルを活かせることをアピールするのがおすすめです。

20代後半の女性へ企業が求めること

20代後半の女性へ企業が求めることについてもいくつか例示してみます。

・結婚・出産・育児などのライフイベントを経験しても、長く働いてくれること
・社内のコミュニケーションを円滑にすること
・経験・スキルを活かしてくること

特に20代後半の女性に企業が求めることは「長く働き続けてくれること」です。20代後半で結婚する女性は非常に多いですので、「転職してきても、結婚や出産を機にすぐに辞めてしまうのでは?」と企業は不安に思っています。ですので、結婚・出産・育児を経験しても、長く働き続ける意志があることをアピールするのがおすすめです。

また、女性特有のスキルとしては、周囲を和やかな雰囲気にし、社内のコミュニケーションを円滑するスキルが挙げられます。あなたが入社することにより、部署や会社の雰囲気は良くなるのか、企業は気になるポイントなので、これまでの社内での取り組みや工夫してきたことをアピールするのがおすすめです。

5.(男性・女性別)20代後半の転職のコツ

引き続き、男性・女性別に20代後半の転職のコツをご紹介します。性別によって転職のコツ、ポイントは異なる部分もあるので、それぞれ一読いただき、転職活動の参考にしてください。

20代後半男性の転職のコツ、ポイント

20代後半男性の転職のコツ(女性に共通する部分もありますが・・・)をいくつか挙げてみます。

・転職理由、転職軸を明確にし、ブレのない転職活動にする
・経験・スキルを明確にし、アピールできるように準備しておく
・成長意欲、キャリアビジョンを的確に伝える

20代後半の男性は将来のキャリアに不安を抱えやすいです。「結婚を考えた時、収入が安定している企業に就職したほうがいいのでは?」「収入だけでなく、やりたいことのできる環境に身をおきたい」など考えるでしょう。その中で今回の転職において何を重視するのか、転職軸を明確にしてください。転職軸がブレてしまうと、その後のキャリアビジョンもブレてしまいます。また、これまでの経験・スキルとキャリアビジョンはセットで考え、明確にしましょう。なぜなら、これまでの経験・スキルはキャリアビジョンとつながるからです。例えば、今まで営業を経験してきたのに、いきなりエンジニアのキャリアビジョンは描きにくいですよね。ですので、これまでどのような経験・スキルを身につけたか、そしてその経験・スキルをどう活かし、どうキャリアを築いていきたいかを考えるのがおすすめです。

20代後半女性の転職のコツ、ポイント

20代後半女性の転職のコツについては上記の男性の箇所で説明した部分はもちろん重要なのですが、ここではより女性向けのポイントをいくつか挙げてみたいと思います。

・ライフイベントを含めたキャリアプランを明確にする
・職種だけで転職先を選択せず、会社の風土も含めて選択する

20代後半の女性はやはりライフイベントが気になりますよね。そこで、ライフイベントを含めたキャリアプランを明確にしましょう。もちろん、明確な年齢まで指定して考える必要はありませんが、「いつ頃結婚したい、出産したい」とアバウトでいいので考えておくと、気持ちを楽に転職活動に望めますので、おすすめです。また、職種や仕事内容だけでなく、会社の風土も重視して転職先を選びましょう。なぜなら、残念なことに、日本にもまだ女性のライフイベントに無関心、冷淡な対応をする企業が存在するからです。女性の活躍を正当に評価してくれる会社なのか、女性の昇進があり、女性役員がいるのかなどが指標になるので、この指標を参考にしていただき選択するのがおすすめです。

 

後悔のない「20代後半での転職」にするために

20代後半は男性・女性問わず、仕事に対して非常に悩む年代です。30歳が近くにつれ、キャリアミストがかかり始めます。キャリアミストはキャリア心理学の専門用語ですが、キャリアにミストがかかる、つまり将来の展望に霧がかかり、見えにくく迷いが生じてしまうという状態のことを言います。

ですが、悩ましい時期だからこそ、悩み抜いて後悔のない転職にするのがおすすめです。そのためにも本記事でご紹介した転職で気をつけるべきポイントやコツを理解し、転職活動に挑んでください。もし、それでも転職活動に不安がある、ミスマッチなく転職先を探したい、1人で転職活動を行うのに不安があるという人は転職エージェントを頼りましょう。

転職エージェントはあなたのキャリアや希望にマッチした求人を紹介してくれるだけでなく、転職活動のサポートをしっかり行ってくれます。後悔のない転職のために、転職エージェントのような利用できるものはしっかり利用するのがおすすめです。当サイトではハタラクティブなどが20代向けサイトとしては人気です。