年収200万アップ・未経験職種へ転身など「転職成功事例」多数!

ハタラクティブ ハタラクティブ マイナビジョブ20's マイナビジョブ20's リクらく リクらく

最近では20代男性の転職も珍しいものではなくなってきましたが、実際のところ、20代男性は何回くらいの転職を経験しているのでしょうか。今回は、転職経験がある20代男性384人にアンケートを実施し、転職回数について調査しました!

1.20代男性の転職回数は?

今回のアンケートに回答してくださったのは、20代の時に転職を経験しており、かつ現在20~29歳の男性384名です。まずは転職回数が何回かについて聞いてみました。

転職回数は「1回」の人が圧倒的に多く、73.4%でした。やはり20代男性という若い世代であれば転職は1回程度であることが多いようです。しかし2回の人も20%、3回の人も6.3%いました。なお、4回以上と回答した人は今回のアンケートにはいませんでした。

 

2.20代男性の転職回数と年齢の関係は?

年齢が上がるとともに転職回数も増えていくことが予想されますが、20代男性の転職回数と年齢は実際の所はどうなのでしょうか?まずは年齢ごとの転職回数をまとめました。(※ここでの年齢は「転職した時の年齢」・複数回転職している人は「直近の転職時の年齢」です)

意外にも21歳で3回の転職経験を持つ人が33%おり、若いうちに数回の転職を経験する人も少なからずいるようです。次に少し角度を変えて、転職回数ごとの年齢の内訳を見てみましょう。

転職回数1回が最も多い年齢は24歳(25.5%)でした。そして27歳(17%)、26歳(14.9%)と続きます。20代男性の1回目の転職のピークは、第二新卒と言われる24歳に訪れるようです。

24歳というと、四年制大学卒と仮定すると入社2年目ころにあたります。入社1年目を耐え、2年目に突入したときに最初の転職を考える人が多いと考えられます。次の転職時期は26歳、27歳頃で、入社から数年が経過してある程度の実績や経験を積んだ20代後半に最初の転職をする人も多いようです。

転職回数2回の人の内訳を見てみると、27歳(30.8%)のときに2回目の転職をしている人が最も多いことがわかります。転職回数3回の人は21歳、22歳、23歳が同数おり、比較的20代前半に偏っています。

 

3.20代男性の転職回数と転職理由の関係は?

転職理由についてもあわせて調査した結果、最も多かったものは「他にやりたい仕事が見つかった」(20.3%)、次いで「給料・ボーナスに不満」(14.1%)、「仕事にやりがいがない・つまらない」(12.5%)でした。では、転職回数を重ねることによって転職理由は変わるのでしょうか?転職回数ごとの転職理由をまとめてみました。

転職回数1回の人の転職理由は下記の通りで、他にやりたい仕事が見つかったが圧倒的に多く、23.4%という結果でした。続いて「給料・ボーナスに不満」「人間関係(同僚・先輩・後輩)に不満)」が同数の12.8%でした。

 

しかし、転職回数2回の人の転職理由を見てみると、1位は「仕事にやりがいがない」(25%)となっていました。これは転職回数1回の人は10.6%とあまり目立った理由ではなかったものの、2回目の転職時に大きく増えている様子です。また、「キャリアアップしたい」という理由も16.7%おり、給料や残業の不満と同程度いることがわかります。

数は少ないですが、転職回数3回の人の転職理由を見てみると、「会社の将来性が不安」が半数を占める結果となりました。

20代男性の転職理由は、転職回数を経るごとに変わり、2回目の転職では「仕事にやりがいがない」、3回目の転職では「会社の将来性が不安」を理由に挙げる人が多いことがわかりました。

 

4.20代男性の転職回数と最終学歴の関係は?

「最終学歴」によって、20代男性の転職回数に差は出てくるのでしょうか?なお、アンケートに回答いただいた方の最終学歴は、高卒(18.8%)、専門学校卒(18.8%)、四大卒(59.4%)、大学院卒(1.6%)、大学中退(1.6%)で、四大卒の方が最も多く6割ほどでした。では、最終学歴ごとの転職回数の内訳を見てみましょう。

高卒の方は転職回数1回の人が66.7%と最も多いですが、2回・3回の人も同数で16.7%でした。高卒の方は社会人になる年齢が一番若いということも影響しているのかもしれません。なお、高卒の方が転職した時の年齢を見てみると、91.6%が20代前半(20~24歳まで)のうちに転職しており、20代後半で転職した人はわずか8.3%でした。

専門学校卒の方も転職回数1回の人が最も多いですが、その割合は58.3%と高卒の方よりも下がります。転職回数2回の人が33.8%と多く、3回の人は8.3%でした。専門学校は2年制~がほとんどですので、転職した時の年齢は高卒よりも高くなり、20代前半(20~24歳まで)の人は25%、20代後半(25歳以降)の人が75%という結果でした。

なお、転職回数2回の人のデータを見てみると、転職理由はまちまちですが、年齢は24~27歳であり、全員が新卒入社(つまり1社目)の会社規模が1,000名以上と、大規模な企業に入社していることがわかりました。

アンケート回答者の中で最も人数が多かった四大卒の方の内訳を見てみると、やはり転職回数は1回の人が最も多く81.6%、2回は15.8%、3回はわずか2.6%でした。こちらも転職した時の年齢を見てみると、24歳が最も多く26.3%、そして次に多いのが27歳の21.1%でした。25歳くらいまでの第二新卒の世代はやはり転職する人が多く、22~25歳までで全体の57.9%を占める結果となりました。

 

5.20代男性の転職回数と新卒で入社した会社の規模の関係は?

新卒で入社した企業の規模によって、その後の転職回数に影響は出てくるのでしょうか?なお、アンケートに回答いただいた方の新卒入社企業規模の内訳は、10名以下が7.8%、11~50名が14.1%、51~100名が9.4%、101~500名が25%、501~999名が10.9%、1,000名以上が32.8%で、1,000名以上の企業が最も多い結果でした。では、新卒入社の企業規模と、転職回数を見てみましょう。

どの規模の企業でも転職回数は1回の人が最も多いのですが、新卒で1,000名以上の大企業に入った人は、転職回数2回の人の比率が高く、28.6%でした。転職回数1回は66.7%、そして3回は比較的少なく4.8%です。500~999名の規模の会社に就職した人は、その後71.4%が1回の転職、14.3%が2回の転職、そして14.3%の人が3回の転職をしています。

101~499名の規模だと転職回数1回の人の割合はやや低めで62.5%、2回の人が多く25%、3回の人は12.5%です。10名以下および11~50名の規模の会社に就職した人の中には、3回転職した人はいませんでした

 

6.転職活動のときに、転職回数が原因で悩んだり困ったりしたことはある?

「転職活動時に、『転職回数』が原因で困ったり悩んだりしたことはありますか?」という問いに対しては、下記のような結果になりました。

9割以上の人が「いいえ・転職回数が原因で困ったことはない」と回答し、「はい・転職回数が原因で悩んだり困ったことがある」と回答したのは9.4%に留まりました。

転職回数別に見てみると、転職回数1回目の場合は、全員が「転職回数が原因で困ったり悩んだりしたことはない」と回答していました。20代という若い世代のこともあり、転職回数1回程度であれば転職活動に影響をおよぼすことはほとんどないようです。

ただし、転職回数が2回目になると「困ったことがある」という人が30.8%になり3回目になると50%に増えることがわかりました。2回以上の転職になると面接などで嫌な思いをする人も少なからずいるようです。具体的にどんな経験をしたかを聞いてみました。

「転職活動時に、転職回数が原因で悩んだり困ったりしたこと」の具体例(20代男性)

・面接の時に度々聞かれる「なぜ転職しようと思ったのか」の質問に対して正直に答えるのが不安だった。(転職回数3回・高卒・北海道・29歳(※最初の転職時の年齢は22歳))

・特に高齢の方が面接官の場合には、最低三年という意識が強い方が多いのでそれを理由に断られることが多かったです。(転職回数2回・四大卒・秋田県・25歳(※最初の転職時の年齢は24歳))

・異業種への転職だったが、この会社で腰を据えて働きたいか?と念入りに聞かれた。(転職回数2回・専門卒・千葉県・27歳(※転職時の年齢も同じく27歳))

転職回数が多いことに加え、転職理由を正直に答えてよいのかわからず不安を抱えたり、在籍期間の短さがネックで不採用になるケースもあるようです。

一方で、「年齢の割に転職回数が多いことを突っ込まれたのでそれ用の回答を作っておいた。」(転職回数2回・四大卒・愛知県・27歳(※転職時の年齢も同じく27歳))という方もいました。転職回数に関する質問をカバーできるよう事前準備をしておくことは、転職活用においてとても重要と言えるでしょう。

 

20代男性の転職回数は「1回」が7割以上!

20代男性に行った転職回数のアンケート結果によると、転職回数は「1回」が最も多く、73.4%でした。第二新卒に該当する入社2年目ころ・24歳の時に1回目の転職をする人が最も多いことがわかりました。次に26、27歳あたりでまた1回目の転職をする人が増える傾向があります。20代のうちに1回転職をする20代男性はさほど珍しくない印象です。

1回程度の転職であれば転職活動に困ることはないようですが、2回目以降になると面接時に細かい質問をされるなど苦労するケースも見受けられます。転職回数について聞かれた時の回答を事前に準備しておくとよいかもしれません。