年収200万アップ・未経験職種へ転身など「転職成功事例」多数!

ハタラクティブ ハタラクティブ マイナビジョブ20's マイナビジョブ20's リクらく リクらく

1,20代/第二新卒転職エージェントのおすすめは?大手サイトを比較しランキング評価

第二新卒を含む20代の方は男性・女性問わず「新卒で入社した会社が肌に合わない」「今の業界を飛び出して未経験業界へ挑戦したい」「フリーターから正社員になりたい」「地方を出て若いうちに東京で仕事をしたい」など様々な悩みを抱えるものです。そんな第二新卒や20代の方の多くが転職時に利用するのが「転職エージェント」です。転職エージェントとは企業と転職者の間に立って就業を支援するサービスですが、利用者は基本的に全て無料で利用できます。ここではそんな転職エージェント(第二新卒・20代向け)を比較してランキング化して紹介します。

転職相談A男
私は都内在住の24歳の2年目銀行マンです。某国立大学文系を卒業してメガバンクの総合職として勤務し始め都心の営業店に配属になりました。深い決意もなく銀行員になりましたが、1年半ほど銀行員をやってみて「金融業界は自分に不向きなのでは?」という気持ちが湧き、また学生時代から興味のあった広告業界への興味も捨てきれず転職しようか迷っています。そこで今数社の転職エージェントに登録していますが、キャリ姉さん的に「おすすめ」かつ「20代や第二新卒向け」の転職エージェントと言えば何になるのでしょうか?自分で比較するのがなかなか難しくて。
キャリ姉
「転職エージェント」を利用して転職活動中なんですね。広告業界への憧れを捨てきれず転職に動けるというのも20代や第二新卒ならではかと思います。20代第二新卒向け転職エージェントで「おすすめ」というと難しいです。なぜならサイトごとに対応エリアや特徴が違うからです。男性や女性でも多少向いているサイトなどが異なります。以下「20代や第二新卒向け転職エージェント」の主要どころを比較してまとめてみました。
サービス名ポイント
ランキング1位
ハタラクティブ
ハタラクティブは20代(第二新卒・フリーター・既卒者など)向けの転職サイト。当サイトからの登録者数ランキングは1位。正社員未経験から正社員を目指すユーザーが全体の約半数で、強みとしても既卒やフリーターから正社員を目指すケース。ユーザーの学歴は23%が高卒・27%が専門/短大卒・45%が大卒と「学歴不問」が伺える。男性・女性不問で利用者多数。
ハタラクティブの利用者の口コミを見る
強み:非正社員から正社員への転職
エリア:一都三県/愛知/大阪/福岡
ランキング2位
マイナビジョブ20's
マイナビジョブ20'sは、転職業界大手マイナビ系列の20代向け転職サイトで信頼度が高い!利用者の80%強が第二新卒(社会人経験3年以内)なので転職相談A男君のような第二新卒転職にはおすすめ。職種・業種未経験OKの求人も半数以上あるため「第二新卒×未経験転職」には強い。男性も女性も第二新卒者は登録必須の「ランキング上位常連サイト」。
マイナビジョブ20'sの利用者の口コミを見る
強み:社会人経験3年以内の第二新卒転職
エリア:関東/東海/関西
ランキング3位
リクらく
リクらくは20代転職を幅広く取り扱うサイトで内定率は90%超え!特に未経験業界・職種への斡旋に強く、利用者の80%は未経験転職で利用!未経験転職の方向けに、資格取得補助に熱心な企業などの紹介も可能。エリアは一都三県だが、逆に該当エリアに営業リソースを集中できている。一都三県なら男性も女性もお任せの「ランキング上位常連サイト」!
リクらくの利用者の口コミを見る
強み:未経験業界・職種への転職
エリア:一都三県
ランキング4位
就職shop
就職shopは、転職大手リクルートグループ運営で信頼度は高い!就職Shopで転職した75%は正社員未経験なので、既卒やフリーターの方との親和性は高い!書類選考なしで面接からスタートする制度は独自のもの(男性女性問わず)。書類選考に自信のない方はまず面接できるのでおすすめ。男性は40%が営業系、女性は40%が事務アシスタント系の職種というのも特徴的。
就職shopの利用者の口コミを見る
強み:非正社員から正社員への転職
エリア:一都三県/関西
ランキング5位
DYM就職
DYM就職の対応領域は2つ。1つは学生卒業から正社員勤務3年以内での第二新卒領域、もう1つは既卒やフリーターからの正社員転職。老舗サービスではないものの併せて5000人以上の利用者。あとDYM就職は札幌、仙台、広島など他サービスには対応が少ないエリアをカバーしているのも特徴。該当エリアの方にはおすすめ。札幌、仙台、広島などに絞って言えば人気はランキングトップレベル。
DYM就職の利用者の口コミを見る
強み:第二新卒、非正社員から正社員への転職
エリア:一都三県/札幌/仙台/愛知/大阪/広島/福岡
ランキング
JAIC
JAICは非正社員から正社員への転職支援がメイン領域で、『無料就職講座』がJAICの最大の特徴。ビジネスマナーから面接対策までフルに習得できる無料就活講座を提供。また定着率を意識した人材紹介もモットーで、外食産業や投資用不動産営業など離職率が高いと判断した業界の斡旋は一切なし。エリアも広めなので地方の該当地域の人にはおすすめ。
強み:非正社員から正社員への転職
エリア:一都三県/札幌/仙台/愛知/大阪/兵庫/広島/福岡
ランキング
ウズキャリ第二新卒
ウズキャリは既卒と第二新卒の取り扱いがあり、ウズキャリ第二新卒は「第二新卒専門」!内定率・転職後定着率共に90%程度の数字で、手厚いサポートが特徴!例えば登録後の初回ヒアリングは2時間みっちり行い、いざ企業へ面接へ行く際の対策もみっちり2時間!転職活動に不安があり二人三脚で手取り足取りのサポートを求める方にはおすすめ。
ウズキャリの利用者の口コミを見る
強み:社会人経験3年以内の第二新卒転職
エリア:一都三県・関西・東海
ランキング
第二新卒エージェントneo
サービス名の「第二新卒」とは裏腹に得意ジャンルは既卒・フリーターなどからの正社員転職。担当するキャリアアドバイザーが全員第二新卒というのは独自の試み。他サイトと比較して「同じような年代の似たような悩みを持つ担当者ゆえに相談できることが多かった」という評価が多い。
強み:非正社員から正社員への転職
エリア:一都三県/愛知/大阪
ランキング
行列のできる転職相談所
第二新卒転職専門の「行列のできる転職相談所」。リクルートやANAなどの上場企業からスタートアップのベンチャーまで幅広い第二新卒求人を保有。面接対策には定評があり「内定確率を5倍上げる」をモットーに転職支援。エリアが一都三県という点もありランキングでは中盤評価。
強み:社会人経験3年以内の第二新卒転職
エリア:一都三県
ランキング
東京しごとセンター
東京しごとセンター(ヤングコーナー)は、「東京都」が設置した公的なサービスで、学生から20代転職希望者まで利用可能で、フリーターやニートから正社員への転職でも、第二新卒転職でも幅広く利用可能。民間企業のサービスより公的なサービスの方がいい方、かつ都内の方にはおすすめ。こちらもエリアが都内のみなのでランキングでは中盤評価。
強み:学生の就職、20代の転職全般
エリア:東京都
ランキング
JACリクルートメント
20代で年収600万以上の方や外資系企業で活躍したい方は「JACリクルートメント」がおすすめ。英語が堪能で外資系企業で活躍する20代も最近では増加傾向。JACリクルートメントなら英文レジュメの添削や英語面接対策なども実施中。20代限定サイトではないがエリアは全国対応で、ハイクラス転職に特化して言えば人気ランキングはトップレベル。
JACリクルートメントの利用者の口コミを見る
強み:外資系への転職、年収600万以上の転職
エリア:全国
ランキング
ビスリーチ
ビスリーチ(BIZREACH)も「JACリクルートメント」と同じく外資系転職などハイクラス系のサイト。年収600万以上が目安。職務経歴書を登録後にヘッドハンターがスカウトするシステム。こちらも同じく20代限定サイトではないがエリアは全国対応で、ハイクラス転職の人気ランキングは上位。
ビスリーチの利用者の口コミを見る
強み:外資系への転職、年収600万以上の転職
エリア:全国
ランキング
マイナビIT
SE・ゲームプログラマー・インフラ系エンジニアなどIT系職種で20代で転職する場合は専門サイトの「マイナビIT」がおすすめ。IT系専門職の場合はキャリアアドバイザーもIT専門の方が話も早く内定率が上がる傾向にあり、IT職種指定の場合は「マイナビIT」がおすすめ。SEやプログラマ向けのランキングでは上位評価。
強み:IT系職種での転職
エリア:関東/東海/関西/福岡
その他
ギークリーリクルートエージェントRe就活
転職相談A男
自分は都内なので全て問題ないですが、確かにエリア的に地方の人はおすすめ転職エージェントが限定されますね。そして自分がどういう状況の転職かによって使える転職エージェントが変わりますね。自分の場合は新卒二年目での転職なので「第二新卒枠」ですよね。登録数の上の方からいくとマイナビジョブ20’s、あと未経験職種へのチャレンジということではリクらくあたりも該当しますね。
キャリ姉
上記の表では「強み」ということで表現していますのでハタラクティブなどでも第二新卒枠の取り扱いはあります。ただ、「メインで第二新卒を扱う」ところとなるとおっしゃる通りマイナビジョブ20’sや、他にはDYM就職ウズキャリ第二新卒などの転職エージェントも対応領域になりますね。やっぱり20代だと既卒とか非正規雇用の人も多くて市場規模としてはハタラクティブなどがメイン領域にしている「非正規雇用から正社員転職」というのも大きいんですよね。上記の転職エージェント一覧の一部は「非正規雇用から正社員転職」をメインに扱うサイトになりますね。
転職相談A男
あと20代でもハイクラス転職サイトに登録できるのは驚きました。自分は年収600万に満たないですが大学の同期は帰国子女で某大手外資系金融機関に就職したんですが、その彼ならきっとJAICビズリーチにも登録できそうですね。あとは「WEBエンジニア系にはマイナビITなどの専門エージェントの方がおすすめ」というのも納得できました。
キャリ姉
はい。まずはおっしゃる通り自分の属性に合う転職エージェントに登録することが第一歩なんですが、やはりキャリアアドバイザーとの相性などもあるので、まずは1サイト登録して具体的に転職活動をはじめてみるのがおすすめですね。無料なので違うサイトに乗り換えることはできますので。

2,専門ジャンルの転職エージェントはおすすめ?該当者は要チェック

キャリ姉
上記のおすすランキングを元にまず1サイト登録してみて欲しいのですが、転職相談A男さんは学生時代から広告業界へ興味があったということで「専門ジャンルの転職エージェント」についてもご紹介します。「専門ジャンルの転職エージェント」とは、例えば広告業界なら広告業界に特化した求人のみを扱うサイトです。広告業界であればマスメディアンなどが有名ですが以下のページもチェックしてみることをおすすめします。20代の利用者も多い転職エージェントが揃っています。
転職相談A男
なるほど広告業界に限定して転職をする場合は専門の転職エージェントでもいいですね。でも転職活動の過程で広告業界以外もチェックしたいという時は上記のおすすめランキングにあるような総合型の転職エージェントを利用するのがよさそうですね。
キャリ姉
はいおっしゃる通りです。「専門ジャンルの転職エージェント」は情報が希望業界に特化されるメリットもあるんですが視野が狭くなってしまうという意味でおすすめできないケースもあります。ですのでおっしゃるように併用するのも1つおすすめの方法かもしれないですね。「専門ジャンルの転職エージェント」ということでいうと他にも下記のようなジャンル(アパレル業界・コンサル業界・ベンチャー企業)のものを例に挙げておきます。
転職相談A男
細分化された転職エージェントも結構あるんですね。コンサル業界のサイト名などはほぼ初耳でした。まずは冒頭のおすすめランキングで紹介してもらった総合型の20代第二新卒転職エージェントを使いながら、専門ジャンルの転職エージェントなども併用しながら広く情報収集していけばよさそうですね。
キャリ姉
あと職種(資格)別で看護師特化型転職エージェント薬剤師特化型転職エージェント介護職特化型転職エージェントなどもあるのですが、転職相談A男さんは業界特化型の方をチェックすればいいかと思いますのでここでは割愛します。まずは20代・第二新卒向けのものをチェックして業界特化型を見てみてください!

3,20代や第二新卒の転職で転職エージェントの利用がおすすめな理由

ここからは20代や第二新卒の若手社員の方がハタラクティブやリクらくなどの転職エージェントを利用するメリット、おすすめできる理由などを紹介をしていきたいと思います。男性・女性ともに当てはまる理由を大きく3つ挙げてみます。

  • 自分のキャリアで応募できる求人を多く紹介してもらえる
  • 履歴書、職務経歴書の添削をしてもらえる
  • 面接対策をしてもらえる

順に解説していきます。

1,自分のキャリアで応募できる求人を多く紹介してもらえるのでおすすめ

20代や第二新卒で転職活動をしている方で、直接企業へ出向き「雇ってください!」と直談判する方は今の時代はかなり少なく、まずは転職サイトなどで希望条件などを検索する方が多いです。転職サイトの求人の中には30代未満での募集を歓迎しない事実上の年齢制限がある求人は実は多々あります。一方で20代や第二新卒の内だとまだまだ働ける期間が長く、余計な癖(プライド、マインド)がなく、伸びしろのあるということで歓迎条件としている求人もあります。20代や第二新卒向けの転職エージェントを使えば多くの求人の中から「20代や第二新卒での現状の自分のキャリアで応募できる求人」に限定して紹介してもらえるメリットがあります。これは20代や第二新卒向けの転職エージェント利用をおすすめできる大きな要素の1つです。

実際20代で応募できる求人は30代の方が応募できる求人より数は多く、20代であれば未経験の他業界の転職も視野に入れることもできます。例えば「現職の旅行業界という無形商材からメーカーなどの有形商材を扱う企業へ転職したい」「現職の営業職というキャリアから未経験でITエンジニアでキャリアを積める企業へ転職をしたい」「未経験okの女性歓迎求人のみを知りたい」など具体的に転職エージェントに条件を伝えておくことで、スムーズに自分に適した求人のみにアクセス可能です。情報の比較や取捨選択を自分で行うと転職活動自体に時間がかかる上に、選択肢も増やせなくなるリスクもありますのでおすすめできません。この点は20代や第二新卒の方が転職エージェントを使うメリットとして挙げられます。

2,履歴書、職務経歴書の添削をしてもらえるのでおすすめ

転職活動を通して履歴書、職務経歴書は自分を売り込む玄関口としての役割があります。この2つを提出して企業側が「面接したい」という結論に至らないと、面接というスタートラインに立てません。20代や第二新卒の内だと社会人経験の年数が浅く、履歴書、職務経歴書を書いた経験が無いという方もいるでしょう。そういう方は是非転職エージェントへ書類での効果的な表現の仕方を聞いてみることをおすすめします。経験者転職でも未経験転職でも男性でも女性でも必ずプラスに働くのでおすすめです。

例えば志望動機でいうと、企業ごとに自分の経験がどう活かせるのか、またその企業、業界を志望した理由は自身のどのような経験からなのか等を伝えなければいけません。その時は大まかな骨組みは自身で作成し、その後細かい内容の修正などは転職エージェントへ相談してみると、「この業界は現職、前職の実績をこう表すといいのか」「この企業はこんな伝え方をすると心証が良くない」「未経験転職なのでこういう点を強調するといい」などの具体的な情報が聞けます。

やはり自分で履歴書、職務経歴書を書くには限界があります。何故なら企業側が求めている人材のニーズを事細かに把握するのが難しいからです。これは男性・女性共通でしょう。転職者は転職マーケットの中では商品的な側面もあり、採用者である企業に採用メリットを感じてもらう必要があります。しかし自分のどの側面を企業に伝えれば採用につながるかというのは企業側の事情を詳しくしらないと伝えにくい部分もあります。人材サービスの関連している仕事に携わっていないと、業界・企業の求める人材ニーズはわからないというのが現実なので、履歴書、職務経歴書添削を20代・第二新卒向けの転職エージェントに相談することで応募企業に最適化された履歴書、職務経歴書を作り上げることができるのでおすすめです。

3,面接対策をしてもらえるのでおすすめ

履歴書、職務経歴書の書類選考を通過したら次は面接です。転職エージェントを利用すると「面接時にはこのような質問をしてきます」「最初に3分間の自己PR時間があります」など書類選考を通過した後に一番気になる面接の質問内容の情報を入手することが可能です。これは大きなおすすめポイントです。20代の若手の場合、転職の面接を受けた経験はあまりないでしょう。その場合「面接で何を聞かれるか予め聞いておきたい」というのは正直なところでそのサポートをしてくれるのが転職エージェントです。

とある女性転職者は、転職エージェントから、「応募企業さんは求める人材像を判断する材料として退職理由を通して判断していきます」との情報を得て、面接対策をしっかりと行い、最終面接・内定まで進んだそうです。まだ社会人経験・転職経験の少ない20代や第二新卒の若手にとって事前情報が盛り込まれている面接対策は非常に重宝します。面接対策を転職エージェントを使う1番のメリットとして挙げる人も多いほどです。面接対策は男性・女性問わず転職活動で最重要項目の1つです。

 

メリットばかりではない?転職エージェント利用のデメリットは?

WEB上の口コミなどでよくみる転職エージェントのマイナス面は「早く企業の選考を受けるよう必要以上に煽ってくる」という点が1つあります。転職エージェントは求人を出している企業からコミッションが入ります。その為早く結論を出させようと「転職は意思決定の速さが大事」「企業からの早めの回答を求められています」といった求職者を煽るようなことを言ってくるケースも0ではありません。

確かに転職はスピード感を持つことも大事であり、企業の比較に数年単位でじっくり見極める時間もそんなにないです。しかし、自分でよく考える時間も与えないまま完全に報酬を出す企業側の都合に合わせた形のエージェントにあたってしまうと、「志望度が高くない企業もとりあえず受けてみてください」などと転職者にとってデメリットでしかないことを言われ、志望度の高くない企業への面接へ行くようなことにもなりかねません。これではせっかく転職活動をしてもまた転職を繰り返すことになってしまうのでおすすめできません。

ですので転職エージェント利用時は自分の転職スケジュールやゆずれない条件などを最初にキャリアアドバイザーと綿密に打ち合わせをすることをおすすめします。もし20代や第二新卒などの若手人材へ「今しかない!」といった煽りをする転職エージェントであれば、20代や第二新卒の若手にとって本当に受けたい企業、業界への橋渡しをしてくれるエージェントでない可能性が高いので、付き合い方、見極め方を考えていく必要があります。

 

20代・第二新卒で転職を成功させるために!おすすめの方法

今回の記事では20代や第二新卒の方向けおすすめ転職エージェントの比較ランキングや転職エージェントの利用メリットなどを紹介しました。20代の方の転職は第二新卒でも既卒でもニートからの正社員就職でも、男性でも女性でも、20代向けの転職エージェントを利用するメリットがやはり多いです。20代は社会人キャリアも浅く自分一人で全ての意思決定をするよりは転職のプロのサポートを仰いだほうが統計的に満足できる転職になる可能性が高いです。非正規雇用から正社員ならハタラクティブ、第二新卒であればマイナビジョブ20’sのように上記の表で比較して分類していますので男性女性問わず是非おすすめランキングをご参考ください。