Category

人気の職種

人気の職種

未経験もOK?第二新卒転職サイトでデザイナー求人をリサーチしてみた

「未経験から異業種への転職は難しい」と耳にしたことはないでしょうか?特にスキルの要求されるデザイナーのような職種は「今からデザイナーになりたくても、美大卒でもないし、スキルも不足しているし自分には無理だ…」と諦めてしまいがちです。しかし、第二新卒サイトでは未経験者応募可能なグラフィックデザイナーやWebデザイナーの求人はたくさんあります。この記事では大手第二新卒サイトのデザイナーの求人を分析し、未経験からデザイナーをなる方法を解説します。簡単に読めるので、デザイナーを目指している方はご一読ください。

Read more

人気の職種

未経験でもok!20代で事務職に正社員転職するポイント【体験談あり】

1.20代女性で事務職の人は100万人超え?調査データから正しく見よう!

20代女性に人気の事務職ですが、「未経験から転職できるのか」「競争倍率が高いと聞くが転職は成功するのか」など、事務職を目指す人で不安を抱えている人も多いでしょう。そこで、本当に未経験から転職成功させるのが難しいのか、行政の調査データを見て正しく判断していきましょう。ここで参照するのは総務省の「労働力調査(2018年)」(https://www.stat.go.jp/data/roudou/report/2018/index.htmlの職業別就業者及び雇用者数)です。このデータから事務職に従事している人の数、全業種の中でどれだけの人が従事しているのかの割合を見ていきましょう。

男性:517万人(全業種のうち13.9%)
女性:794万人(全業種のうち27.0%)

上記は「事務従事者」に分類されている人数なのでやや幅広い統計ではあるものの、女性の就業者数は全体で約3000万人でそのうち20代は約500万人なので、その割合を元に計算すると20代事務職の女性は794万人×500/300=約132万人となり、100万人を超える相当数の20代女性が事務職に就いているという推測がたちます。世の中には様々な仕事があるにも関わらず、事務職に就いている20代女性はかなり多いのです。ただ、一方で厚生労働省の「一般職業紹介状況長期系列表」などには事務職の有効求人倍率は0.25倍程度という数値もあり、かなり事務職の競争率が高い状況です。多くの女性が事務職に就いているので席がなかなか空かず飽和状態にあると言えるのかもしれませんし、事務職は女性に人気が高い上に企業も募集を頻繁にはしないので、求人数が少なく競争率が高くなると言い方もできるでしょう。

Read more

人気の職種

20代営業マンの転職成功の方法!男性・女性別にコツを解説!

1.公的データから見る!20代営業マンの転職状況

「営業から他業種に転職したい」「営業職で転職して年収を上げたい」などの思いから転職を考えている人は多いでしょう。実際に20代営業マンがどのような転職をしているのか、正しく把握するためにいくつかの調査データをみていきましょう。

Read more

人気の職種

未経験でも大丈夫!20代で秘書に正社員転職するためのポイント

「未経験だけどいつかは転職して憧れの秘書になってみたい!」「秘書になりたいけど生活の安定を考えてもちろん正社員が良い・・・」。もしあなたが正社員秘書を目指している人はぜひ20代のうちにチャレンジすることをおすすめします。

若いうちに秘書になりキャリアを積めば、仕事の幅を広げることができるからです。たとえば、20代は秘書としての基礎を身に着け、将来は語学力を生かしてバイリンガルセクレタリーとして活躍することもできますし、接遇マナーの能力を生かしマナー講師に転身することもできます。しかし未経験からの正社員秘書への転職は不安がいっぱいのはずです。そこで今回は20代で秘書に正社員転職するためのポイントをご紹介します。

Read more

人気の職種

第二新卒で受付へ転職!正社員と派遣の比較・志望動機の書き方

第二新卒で受付への転職を目指すことは難しいでしょうか?そもそも派遣やアルバイトではなく正社員ですんなり転職できるのでしょうか?新卒と同じやり方で転職活動をやると失敗するかもしれません。そこでここでは第二新卒で受付に転職するにあたり、第二新卒の特徴を踏まえた就活のポイントなどを紹介します。

1.第二新卒で正社員受付への転職は可能?

第二新卒で受付へ応募できる求人はどれくらいあるのでしょうか?第二新卒限定で受付の求人を検索するサイトがないのでここでは受付の求人を広く掲載している大手サイトを見てみます。まず複数の大手サイトで、正社員・アルバイト・派遣の3つの雇用形態で受付の求人数(転職サイトのなどの公開求人数)を調べると、全国で「派遣>正社員>アルバイト」の順で求人が多いように見受けられました。

以下で代表的なサイトの公開求人数を比較してみます。ちなみにアルバイトはかなり求人が少なかったので正社員と派遣で比較してみます。例えば派遣の検索サイト「リクナビ派遣」で「東京の受付求人」を探すと派遣社員での該当求人数は443件ありました。そのうちの64件は紹介予定派遣です。

Read more

Close