年収200万アップ・未経験職種へ転身など「転職成功事例」多数!

ハタラクティブ ハタラクティブ マイナビジョブ20's マイナビジョブ20's リクらく リクらく

経験者採用!動物看護師さんの転職実例をご紹介!

動物看護師に転職した20代Iさん
性別女性
現在の年齢23歳
転職時の年齢21歳
転職時期2018年1月
転職前の業界・職種・都道府県動物業界・ペットショップ店員・埼玉県
転職後の業界・職種・都道府県動物業界(動物病院)・動物看護師・埼玉県
最終学歴専門学校卒

キャリ姉
動物関係の専門学校を卒業されているんですね。前職のペットショップに入社した経緯を教えてください。
動物看護師に転職した20代Iさん
小さい頃から動物関係の仕事に就きたいと夢見ていました。動物専門学校卒業後、動物看護師を希望していましたが、担任の先生に紹介されたのはペットショップ店員でした。埼玉で一人暮らしを始め、社会人デビューしました。主な仕事内容は、生体販売、子犬・子猫のお世話、ご飯の用意、グルーミング、契約がありました。最初は、接客中心で平日でも70件ほど声掛けをしていました。私が配属された店舗は、生後2、3ヵ月ほどの子を扱う為、より早く家族を見つける必要がありました。入社当初はなかなか家族を見つけることができず、店長やエリアマネージャーと話し合う毎日でした。経験を重ね、月に4頭は送り出せるほどになりました。接客業は好きだったので、結果が出せた時はとても嬉しかったです。
キャリ姉
接客業自体は楽しかったんですね。そんなペットショップを辞めようと思ったのは、やはり元から希望していた動物看護師になりたいという気持ちが強くなったからですか?それとも他に転職を決めた理由があったのでしょうか?
動物看護師に転職した20代Iさん
店長やエリアマネージャーと話し合いの機会が増えていくにつれて、子犬・子猫の幸せを第一に考えるのではなく、売上や私自身の仕事の向き合い方などの話となっていきました。当時、私は同じ店舗に配属になった同期と仕事が終わった後、ほぼ毎日3時間ほど今日の仕事の反省、知識、お互い心がけたことなどを共有する時間を作っていました。そのことを上司に報告し、自分なりの方法で打開策を話していましたが、「そんなことはいいんだ。このままだと売上が伸びない。動物の健康よりも家族に迎えてもらうことを第一優先で考えろ」と言われました。その時は、夏場で、夏風邪を引いている子が多くいました。動物を元気に、幸せにしたいことをしたかったのに、全く逆のことを上司に指示され、我慢が出来ず転職しようと決意しました。
キャリ姉
動物が好きな方が抱えるジレンマかもしれませんね。20代で初めての転職活動は大変でしたか?求人探しはどのように行いましたか?
動物看護師に転職した20代Iさん
埼玉のことをあまりよく知らなかったので、携帯の転職サイトで動物看護師の求人を探しました。でも、なかなか近くに求人がなくて、専門時代の担任の先生に相談しました。その時、紹介してもらった動物病院に就職しようと思いました。
キャリ姉
専門学校の先生の紹介だったんですね。転職先では動物看護師としてどのような業務を行っていますか?
動物看護師に転職した20代Iさん
専門学校で動物看護の勉強をしていたときの教材をもとに、仕事をしています。主な仕事は動物患者の保定、カルテ作成、清掃、入院動物の世話、薬の調合などです。以前も動物関係の仕事には携わっていましたが、約1年間動物看護関係の知識をフルで使うことがなかったので、今でも勉強の毎日です。特に、来院されたワンちゃん・ネコちゃんが落ち着いて治療が受けられるように保定することは、経験していかないと上手にならない為、最初のうちは獣医師に指摘させる毎日でした。動物たちは言葉を話すことができず、表情や息遣い、行動などを見て、感情を読み取らなければならないので、とても難しいです。その感情を少しでもなくし、安心してもらえるようにするのが動物看護師の使命です。
キャリ姉
ペットショップと動物看護師の仕事はかなり違いますよね。でも充実しているように感じます。転職して良かったと思う点はどんなところですか?
動物看護師に転職した20代Iさん
転職するときに一番心配していたのが、お給料でした。でも、前職は時間給+出来高だったのに対し、動物病院は固定給で、しかも、前職よりも5万円ほど給料があがり、少し生活も裕福になり、貯金もできるようになりました。まずそこで、転職してよかったと思いました。また、勤務者が5名と少人数の動物病院なので上司一人ひとりと密な関係になることができ、人間関係もとても恵まれています。獣医師は勤勉な方で、来院がないときは社員に病気について教えてくれたり、薬の説明をしてくれたりと知識をたくさん教えてくださいます。動物業界のセミナーや勉強会にも積極的に参加させて下さり、私自身も勉強する機会が多くなりました。もっと動物のことについて知識を深めたいと思わせてくれる獣医師です。月に一度、社員全員で外食へ出かけ、悩みや疑問を話す機会を設けて下さり、常に悩みが共有されている状態なので、困っているときはすぐに助け合い、対応してくださいます。私の周りにも動物病院で動物看護師として働いている友達は多くいますが、特に私の所属している動物病院はとても素晴らしい職場だと感じます。もちろん辛いこともありますが、心身ともに全てを満足させてくれる職場で、素敵な職場に出会えてよかったと思っています。
キャリ姉
とても恵まれた職場に出会えたんですね!でも、20代で初めての転職活動は不安や苦労があったのでは?
動物看護師に転職した20代Iさん
不安はありましたね。私の周りには転職している人もいなくて、就職してたった1年ほどの20代前半で転職を決意しましたが、今でも正直後悔することはあります。我慢が足りず、その時その時で決断し、転職してしまった自分がとても嫌いでした。やはり周りからは「まだ20代なんだからもう少し頑張ってみなさい」「動物業界でもなかなか入れない会社なのにもったいない」など非難されることがほとんどでした。転職をする際は、もうこんな風に思われることはしない。私がやりたかったことはこれなんだ!と胸を張って言える転職先を探していました。
キャリ姉
周りからの反対が大きかったんですね。それでも念願だった動物看護師に20代前半という若さで転職出来て素晴らしいと思います!同じように20代で転職を考えている方に向けてメッセージをお願いします。
動物看護師に転職した20代Iさん
今転職を考えている20代の方には、いろんな事情があると思います。どんな事情であっても、自分が嫌なこと、逃げたいときは、自分がどうのような姿になりたいのか、理想像を明確にしたうえで、一刻も早く新しい環境へ行くべきだと私は思います。私も20代前半という早い段階で転職をして、後悔したことも正直あります。ですが、ですが、今の自分が間違っているとは思いません。今が一番幸せです。転職したいけれど20代という年齢で迷っている方がいるなら、是非、周りに振り回されることなく、自分の道を進んでほしいと私は強く思います。