年収200万アップ・未経験職種へ転身など「転職成功事例」多数!

ハタラクティブ ハタラクティブ マイナビジョブ20's マイナビジョブ20's リクらく リクらく

英語力があれば転職に有利?!未経験で新しい業界へ転職した20代の体験談!

英語を生かせる仕事に転職した20代女性Fさん
性別女性
現在の年齢27歳
転職時の年齢27歳
転職時期2019年7月
転職前の業界・職種・都道府県大手タイヤメーカーのIT子会社のシステム開発部門 (東京都)
転職後の業界・職種・都道府県大手監査法人のIT監査部門(東京都)
最終学歴四大卒

キャリ姉
手タイヤメーカーのシステム開発から、大手監査法人のIT監査部門への転職なんですね。同職種で業界を大きく変えた形でしょうか。まずは前職に入社した経緯や、詳しい仕事内容等を教えてください。
英語を生かせる仕事に転職した20代女性Fさん
学生当時、大学の就職説明会に来ていた会社に就職しました。本当は英語を生かして海外に行けるようなメーカーをメインに就職活動をしていたのですが、ことごとく落ちて、手に職を付けて、数年働いてお金を貯めたら世界一周をして、帰ってきても手についた職で簡単に再就職できるようにしようと思いIT企業を選びました。新卒入社の会社です。親会社はそこそこ有名な大企業です。会社の業務内容としては、親会社のメーカーの販売システムの保守を行っていました。システムを企画するところからプログラミングまで、幅広く担当していました。特に、担当していたシステムの刷新時期であったので、新システムの企画から導入まで携わることができました。
キャリ姉
最初から英語を生かして海外に携わりたいという思いがあったんですね。転職を決めたきっかけは、英語を使う仕事に就くタイミングが来たからですか?それとも会社に不満があったのでしょうか?
英語を生かせる仕事に転職した20代女性Fさん
その両方ですね…。前職も決して悪すぎる環境ではなかったのですが、所謂典型的な日本企業といった雰囲気で、女性は結婚すると寿退社するような会社でした。
具体的に転職を考え始めたきっかけは2つあります。一つ目に、周りの20代の若手がどんどん転職していったことです。同期や±3歳ほどの若手社員たちが、次々と転職をしていきました。IT業界は今、超売り手市場ということもあり、みな名だたる大企業へ転職していき、年収や福利厚生、ネームバリューなどが圧倒的に上がっていました。
二つ目は、もともと英語が得意で、海外に携わる仕事をしたいと思っており、何度もその機会がある部署へ異動させてくれるように上司に話をしたのですが、実現しなかったことです。大学時代の同級生は、皆世界で羽ばたいているのに、私だけが日本にとどまって仕事をしていることが悔しくて仕方がなかったことが、転職を考え始めたきっかけです。
キャリ姉
周りの20代の転職者に触発された感じもあるんですね。転職活動ではやはり海外に携わって英語を使える仕事という条件で求人を探したのでしょうか?
英語を生かせる仕事に転職した20代女性Fさん
はい、条件は妥協せず、しっかりと吟味して求人を探しました。2件転職サイトに登録(リクナビNEXT、パソナキャリア)し、パソナキャリアで転職しました。登録すると公表している転職先の情報が見れるようになるのですが、その中で、自分の希望するような海外に携われて英語も生かせる転職先の選択肢が多かったのがパソナキャリアでした。大手かつ顧客満足度も高いということで、1つのエージェントに絞ろうと考えて、パソナキャリアを使うことにしました。転職では6社に応募し5社から内定をいただきました。
キャリ姉
6社のうち5社から内定というのは素晴らしいですね。新しい職場では具体的にどのような業務を行っていますか?希望していた英語や海外に携わるという点はどうですか?
英語を生かせる仕事に転職した20代女性Fさん
転職先の企業は大手監査法人で、業務としては企業のシステムの監査を行っています。その中で、私が携わっている業務は、海外企業の日本法人の監査や、日本のグローバル企業の海外子会社監査支援、日本の大手企業のシステム監査です。具体的には、企業で導入している、財務諸表の数値にかかわる計算をしたりするシステムが正しく構築・運用されているかを、実際に企業に赴いて、実際のシステムを見て確認することや、システムを保守・運用するプロセスを評価することを行っています。また私の部門は、海外の監査法人と英語でやり取りをおこない、日本法人の監査を代行したり、日本企業の海外子会社の監査を、海外の監査法人の担当者に英語で依頼をする業務も行っています。
キャリ姉
日々海外とやり取りがある環境なんですね。英語を生かせる業務に就けて充実している様子がうかがえます!英語や海外等の希望条件も含めて、前職と比較して新しい職場が良いと感じる点を教えてください。
英語を生かせる仕事に転職した20代女性Fさん
転職をしてみた結果、正直に言うと、年収は落ちました。しかし、それも1年目だけで、2年目からは100万ほど年収が上がるそうなので、2年働けば2年分の給料で前職より年収は上がる予定です。
また、転職先では、女性活躍の推進を協力に推し進めており、女性の役職者が多く自分のキャリアプランをたてる上でのロールモデルとなる方がたくさんいます。また、海外関連の案件を扱うことが多く、英語を生かすことができており、仕事のモチベーションがとても上がりました。実際に自分のやりたかった海外とのやりとりを日常的に行っており、まもなく海外出張も控えているので、前職に比べて英語を含めた自分の能力を生かすことができていると感じています。
また、休みの日数や勤務体系も改善し、以前よりも自由に使える時間が増えました。前職では8時間勤務でしたが、転職後は7時間勤務となり、さらにリモートワークも推進中とのことで、家から仕事をする日もあります。通勤の負担が減ってライフワークバランスが保てるようになりました。残業は時期によりますが、7時間勤務のため全体の勤務時間は大幅に減りました。全体として、生活の質と仕事のやる気は大幅に上がったと感じています。
キャリ姉
かなり良い環境の職場に転職できたんですね。20代後半で転職活動をしてみて、大きな問題や不安はありませんでしたか?転職活動で意識したことはありますか?
英語を生かせる仕事に転職した20代女性Fさん
20代後半の女性は、今最も転職しやすいとエージェントの担当の方に言われており、特に不安には感じませんでした。意識したこととしては、今までの経験をきっちりと整理し、自分にできること・経験があることをしっかりと頭に入れて面接に臨んだことです。問題が発生したときにどのように考えて対処したのか、その結果どうなったのかを整理しました。また、年収や勤務時間、福利厚生などは遠慮せずに突っ込んで聞くようにしました。
キャリ姉
比較的スムーズに転職できたんですね。前職でしっかりと経験を積んで、面接の準備もぬかりなく行ったことが勝因でしょうか。20代で転職を考えている方にメッセージはありますか?
英語を生かせる仕事に転職した20代女性Fさん
転職活動前はなんとなく転職するのはかなりハードなのかと思っていましたが、意外と負担なく転職できました。今、IT業界は超売り手市場なので、転職を考えている20代の方は、しっかりと転職先を吟味して探すことをお勧めします。転職エージェントは、なんとなく転職したいと考えている方でも相談に乗ってもらえるので、興味があったら相談だけでもしてみると良いと思います。また、面接では嘘はつかずに、聞きたいことは突っ込んででも聞くことが大事だと思います。