①医療事務から未経験のヘルプデスクに転職!

未経験でヘルプデスクに転職した20代Aさん
性別女性
現在の年齢27歳
転職時の年齢26歳
転職時期2019年4月
転職前の業界・職種・都道府県医療業界・医療事務・長野県
転職後の業界・職種・都道府県出版・印刷業界・ヘルプデスク・長野県
最終学歴四大卒

キャリ姉
前職の医療事務の具体的な仕事内容を教えてください。
未経験でヘルプデスクに転職した20代Aさん
地元で医療事務の求人が出ていることを知り、家からも通いやすかったので転職しました。新卒の頃は東京で働いていましたが、家庭の都合で長野県へ戻ることになったので、転職としてはちょうど良いきっかけでした。前職の病院は、市内でも大きめの総合病院で外来と病棟業務に分かれていました。私は医療事務を担っており、主に窓口で患者さんの対応をしていました。詳しく述べると、患者さんの来院時の受付や保険証確認、診察券発行、外来への案内、入院費や診療費の会計を行なっていました。また、当番制で診療時間外や土日に受付業務をすることがありました。全ての時間事務として受付にいるわけではなく、月末月初の繁忙期には裏方に回って患者さんのレセプトを作成していました。
キャリ姉
東京で就職して、Uターン転職で医療事務の仕事に就いたんですね。そちらを辞めようと思った理由は何でしょうか?
未経験でヘルプデスクに転職した20代Aさん
大きく分けて2つあります。1つは、職場内の人間関係が良くなかったからです。医療事務は女性が多いので、仲が良い時は円滑にいきますが、一度仲がこじれてしまうと仕事にも影響を及ぼします。また、女性同士の上下関係も明確にあり、私と仲の良かった同期が先輩にいじめられて退職したことが、私も転職を考えるきっかけになりました。
2つ目は、お給料が上がらないことです。医療事務は平均的にお給料が低いですが、田舎の病院だったので手取りがかなり少なかったことも転職を考え出す理由でした。賞与も満足にもらえなかったので、このままここで働いていてもお金が増えることはないと見切りをつけてしまったことが影響しています。転職をしてさらにお金を稼ぎたいと思いました。
キャリ姉
それで医療事務以外の未経験の仕事に就こうと思ったんですね。求人はどのように探しましたか?20代後半で2回目の転職になると思いますが、転職活動はスムーズに進みましたか?
未経験でヘルプデスクに転職した20代Aさん
転職サイト2社(リクナビ、マイナビ)、転職エージェント1社(マイナビエージェント )に登録したものの、地元で希望する求人を得ることはできませんでした。それでも5社程書類を出しましたが、未経験の職種が多かったので面接へは進めませんでした。そこで、地元の求人広告や新聞での求人を見始めて、転職先の求人を見つけて応募したところ、スムーズに内定を得ました。
キャリ姉
お住まいの地域では、転職サイトよりも求人広告や新聞広告の方が求人を見つけやすかったんですね。新しい仕事はヘルプデスクとのことですが、具体的な業務内容を教えてください。
未経験でヘルプデスクに転職した20代Aさん
転職先の企業の業務内容は、主に法律分野の書籍を出版しています。近年では、システムを用いて自治体の条例改正や新規条例作成のサポートにも力を入れています。私が携わる業務は、自治体の条例改正向けのシステムのヘルプデスクです。システムを使って簡単に条例改正ができるものですが、自治体の担当者の方の中にはどのように操作をしたら良いか分からない方が多数見られます。私共は、システムの操作が分からない方に向けて正しく条例改正ができるように電話とメールで操作方法をご案内しています。また、時々システムの不具合が起こった際には、専門部署への問い合わせを行いいち早く不具合が解消するような対策を取っています。加えて、簡単な法制執務に関する自治体のお客様からのご照会にも回答しています。
キャリ姉
転職して良かったと思う点はどんなことでしょうか?人間関係や給料面は改善されましたか?
未経験でヘルプデスクに転職した20代Aさん
新しい職場に転職して最高だったと思った点は3つあります。
1つは、相談できる先輩が多数いることです。前職はどんどん同期が辞めてしまっていたことと、怖い先輩が多かったので相談相手がいないことがネックでした。そのため、何かトラブルが起こった際には1人で対応しなければならないことが多く心細い思いをしていました。しかし、転職後の職場は同じ仕事を担うメンバーが多く、分からないことを先輩に正直に聞きやすい環境です。そのため、先輩に頼ることができる点が何よりもありがたいと思っています。
2つ目は、お給料が上がったことです。医療事務をしていたころよりも、お給料が2.5万円上がりました。実は、当初の希望給料額と比べると3万円程低い額であるため初めは妥協をした気分になったものの、現在はやりがいがあるので、希望の給料額とは異なるものの満足しています。
3つ目は、未来への希望が持てることです。医療事務の仕事は基本的にスキルアップを望めません。そのため、何年も同じ仕事をしていることになるのでマンネリ化してしまいます。しかし、転職後の仕事は頑張り次第ではスキルアップを望めるため、日々難しい事象にぶち当たりながらも、やる気を持って仕事をすることができています。
キャリ姉
とても充実していらっしゃいますね!20代で未経験職種への転職活動をしてみて、不安や困ったことはありましたか?転職活動で意識したこともあわせて教えてください。
未経験でヘルプデスクに転職した20代Aさん
20代で転職をするとなると、企業からの印象はあまり良いものではないと痛感していました。そのこともあって、なかなか書類審査を通過しないことに焦りを感じていた部分があります。今の職場の面接時には、面接官に「仕事が続かないのではないか?」と思われると思っていたので、転職活動は不安ばかりでした。転職活動で意識した点は、自分の良さをアピールすることです。たとえば20代での転職については「弊社の業務内容が今までの私のこのような経験を活かせると思う。」と、自分がこの職場で働くことを意識した話し方をしていました。これが自分の長所のアピールにもつながっていったと思います。
キャリ姉
自己アピールの工夫が、未経験職種への転職成功につながったんですね。20代で未経験の業界や職種に転職を希望する方にメッセージをお願いします。
未経験でヘルプデスクに転職した20代Aさん
転職をするなら20代のうちに経験しておくことをおすすめします。企業側も、20代であれば経験が少なくても未経験者に期待をしてくれる可能性が高いからです。実際に私も未経験のヘルプデスクへと転職することができました。20代はスキルをつけることが大切なので、今の職場に不安を感じたら、新しい環境へ身を投じる勇気を持ってみてください。また、20代だとどうしても転職についてマイナスなイメージを持ってしまうと思いますが、実際に転職をしてみると知らない世界を知ることができるので、自分自身の視野が広がります。ぜひ新しい一歩を踏み出してみてください。

②事務職から未経験でIT企業のヘルプデスクに転職!

未経験でヘルプデスクに転職した20代Bさん
性別女性
現在の年齢25歳
転職時の年齢24歳
転職時期2019年2月
転職前の業界・職種・都道府県中小企業の製造業・事務/営業管理(埼玉県)
転職後の業界・職種・都道府県富士通のヘルプデスク(埼玉県)
最終学歴短大卒
キャリ姉
前職は短大卒後に新卒で入社された企業ですよね。どんな仕事を行っていましたか?
未経験でヘルプデスクに転職した20代Bさん
短大の中にあるキャリアサポートセンターという就活をサポートしてくれる施設で紹介されて知ったのがきっかけです。都内に出たくない。車通勤がしたい。髪型、ネイル自由の場所で働きたい。という適当な理由で選んだ会社です。同じ短大の先輩も多く就職していて、とても良い会社だというふうに聞いて面接にいきました。無事に内定を頂き4月から新卒として入社しました。営業のアシスタントということで営業事務という部署に所属しました。仕事内容はまず基本的にかかってきた電話、内線にでること。また注文書を受注する。農機調整を行う。出荷の納品書、送り状の記入。その他に営業からお願いされた原価計算。見積書の作成。内示の管理。試作伝票の手配。郵便、FAXなどの雑務。また来客対応もありました。
キャリ姉
退職を決めた決定的な理由はあったのでしょうか?
未経験でヘルプデスクに転職した20代Bさん
新卒で一発目に働いた会社なので、最初はとても良いところだとおもっていましたが、長くはたらいているうちに先輩がどんどんやめていく意味が分かり始めました。とてもブラック企業だったのです。まず給料は少なく手取り14万程度。それなのに仕事内容は比に合わないハードさで、毎日走り回っていました。想像していた事務職とはかけ離れていて、座っている時間が少なく現場、事務所を行き来し、お客さんと現場の板挟みにされいつもお客さんから怒られ…というストレスの日々でした。まず女性は残業禁止なのです。最初は残業がなくてラッキーと思っていましたが、実際に残業が出来ないと大量の仕事も1日で終わらせなければいけないため、息つく間もないくらい忙しくなります。ずっと転職したいと思っていたのですが、人手不足だったため、なかなか退職したいといえずにいました。そんなある日結婚することが決まり、寿退社することになりました。
キャリ姉
大変な職場でしたね…。転職活動はどのように行いましたか?
未経験でヘルプデスクに転職した20代Bさん
インディードという転職サイトを利用しました。インディードは沢山種類が出てくる上に見やすかったのでとても探しやすかったです。しかし写真が載っていないので職場の雰囲気がつかみにくく、最終的にはタウンワークも登録しそちらでも探しました。
キャリ姉
それで見つけたのが今のヘルプデスクなんですね。具体的にはどんな業務を行っていますか?
未経験でヘルプデスクに転職した20代Bさん
某IT企業のPOSやコンピュータのヘルプデスクです。コールセンターなので、基本的に電話業務と入力業務しかありません。私は量販店担当なので、スーパーで使用しているセルフレジなどの不具合を電話で対応し直すといういのが基本的な業務内容です。電話で解決できない本当の故障だとわかった場合はカスタマーエンジニアに連絡し手配し修理してもらうという流れです。基本的に歩き回ることがほとんどなく、座って電話をまち対応内容を入力するといったとても簡単な業務内容です。ただ、知識が必要になるため常に勉強する必要があります。どんどん新しい機械が導入され覚えることが尽きない仕事です。入社してから研修はとても徹底していて、分からないことはすぐに聞いて解決できる体制が整っています。
キャリ姉
未経験者への研修制度がしっかりしている会社なんですね。転職して良かったですか?給料や忙しさは改善されましたか?
未経験でヘルプデスクに転職した20代Bさん
給与がとてもいいわけではないのですが、前の会社がブラックだったので、とても楽に感じます。有給も自由に使うことができるし、見た目も自由。当日の欠勤も文句も言われずすんなりと受け入れてもらえるので気が楽です。前職では休憩時間が昼ですら20分程度しかなかったのですが、しっかり1時間確保でき、午前と午後に一回ずつ10分休憩があるのもとても魅力的です。セキュリティに関してはとてもうるさいのですが、そこは普通にやっていれば守れるレベルなのでなにもストレスにもなりません。またそれぞれの席に仕切りがついていて、覗き込まないかぎりは他人の机が見えないので、見られている感じがなくとても気楽に仕事に集中することができます。
また何より大きいのは家から職場までの距離です。以前の職場は家から車で45分~50分程度かかっていました。しかし転職した会社は家から車で10分なので毎朝がとても楽です。通勤時間は無給なので短いに越したことはありません。交通費も少し多めにくれたりと大手企業ならではのいいところも沢山あります。前職は忘年会や新入社員歓迎会などが強制参加の上で自腹だったのでそれもストレスだったのですが、転職した会社はそういう食事会などは会社からお金が支給され、強制参加ではないのでそれもとても魅力的に感じます。
キャリ姉
大企業ならではの良い点がたくさんあるようですね!転職活動はスムーズでしたか?20代で結婚後の転職で困ったことや不安に感じたことはありませんでしたか?
未経験でヘルプデスクに転職した20代Bさん
女なのでそこまでの不安はありませんでした。私は仕事は色々と経験したほうがいという考えなので逆によくここまで頑張ったなと自分を褒めたい気持ちです。20代という年齢で困ったことも特にありませんでした。唯一不安だったのは、会社というのは入ってみないとわからないことばかりだということです。前職もとてもいい会社だと聞いていたし、説明会にもいったのに気付けなかった点がたくさんありました。人間関係もとても面倒くさく、ストレスだらけでした。どれだけ転職サイトに良いことが書いてあってもそれは嘘である可能性が高いということを考えると、なかなか転職に踏み出す勇気がわきませんでした。
キャリ姉
入社前に会社の実情を知るのは難しいですよね。転職を考えて悩んでいる20代の方にアドバイスはありますか?
未経験でヘルプデスクに転職した20代Bさん
転職はだれもが、前職よりいい会社で働きたいと思うものです。しかしどの転職サイトにも嫌なことは書いてありません。今より給料が高い会社に就職したい!というそれだけの動機だったら失敗することはないと思いますが、人間関係に疲れたなど、そういう見えない部分での転職は失敗する可能性があるということを心に留めておいてほしいです。実際転職して、もっと嫌な会社だったらどうしよう…と悩むかもしれませんが、悩んで留められるうちはまだ本気でやめたいと思っていないのだと思うので、あまり勢いで転職せずゆっくり慎重に考えてほしいと思います。

③ITベンチャーのSEからヘルプデスクへ転職!

未経験でヘルプデスクに転職した20代Cさん
性別女性
現在の年齢29歳
転職時の年齢20歳
転職時期2010年5月
転職前の業界・職種・都道府県Javaを利用したオンサイトのシステム開発、保守・SE (沖縄県)
転職後の業界・職種・都道府県大手リース会社・グループ内ヘルプデスク(三重県)
最終学歴専門学校卒
キャリ姉
以前はSEをされていたんですね。前職に入社を決めた理由と、具体的な仕事内容を教えてください。
未経験でヘルプデスクに転職した20代Cさん
情報系の専門学校を卒業し、当時受けた中で単純に給与待遇が一番良かった前社へと入社を決めました。創立からわずか5年ということで若い世代が多く働いており、活気に満ち溢れているように見えたのも決め手となりました。会社の業務内容としては、東京、大阪に本社を構える大手企業のシステム開発、改修をニアショアで(沖縄で)請け負うJava開発と、金融機関の本番システム稼働を行うデータセンターの両方を行っておりました。自分の仕事内容は、生命保険業界で利用されているパッケージシステムの改修業務でした。具体的には、法改正により保険金の計算方法が変わった際、法適用に合わせて各保険商品の計算を行っているプログラムを修正する、既存の仕様書と修正が繰り返されたPGの乖離を確認し、仕様書を正しく修正する、といった保守業務がメインでした。
キャリ姉
大規模な案件に携わっていたように思いますが、転職を考えた理由は何でしょうか?
未経験でヘルプデスクに転職した20代Cさん
出来ない、気に入らない人間は大声で叱責するのが当たり前、発言が認められる雰囲気ではない、分からないことを聞いても答えられないが、情報ややり方は先輩や上司が握っているため業務がスムーズに進められない、等、多くの不満がありました。毎週金曜日は朝まで残業するのが当たり前で、自宅に帰れず、会社で仮眠をとって何日も働くことも少なくありませんでした。給与待遇自体は、地元内ではとてもいい方ではありましたが、どんなに残業をしても作業進捗に合わせて日中の多くの時間を仮眠などの不就労時間として処理されてしまっていたため、合計の勤務時間から時給で考えると、どこかでアルバイトしたほうがもっとまともな給料が貰えるだろう、というような状態でした。
キャリ姉
かなり大変な職場でしたね…。転職活動はいつ頃から、どのように行いましたか?
未経験でヘルプデスクに転職した20代Cさん
ハローワークへ通うとの、転職サイト2社(マイナビ転職・リクナビNEXT)、スーパーの店頭などにおいてある無料の転職雑誌(Agre)を活用しました。心身ともに無理だな、と突発的に会社を辞めてしまったので急な転職活動となりましたが、退職が決まってすぐに転職活動を行ったためか、2週間程度でスムーズに転職が決まりました。
キャリ姉
転職先ではどのような業務に携わっていますか?
未経験でヘルプデスクに転職した20代Cさん
転職先は、大手リースグループのバックオフィスをメインで担う企業です。その中で、私は主にグループ社内全体のヘルプデスクを行っています。サポートする範囲は、グループ内全従業員の利用するPC等のOA機器のトラブル(故障)対応や初期セットアップといった操作案内、グループ内で利用する勤怠システムや人事考課システム、経費精算システムなどの利用方法案内や、パスワードリセット対応、サポート範囲内の操作案内マニュアルの作成などです。やらなければならないことが非常に多く、関わる部署も多いものの、やればやるだけ知識として自分の中に蓄えられるのは非常に楽しく、対応件数や作成した成果物の数などで、自分がどれだけの業務をこなしたのか、一目でわかるのは前職との大きな違いだと思います。
キャリ姉
忙しいながらも充実している様子がうかがえます。前職と比べて今の職場が良いと感じるのはどんなところでしょうか?
未経験でヘルプデスクに転職した20代Cさん
新しい職場が転職前と比べ良い点は、高圧的な上司が非常に少ないということです。問い合わせが電話で来ることも少なくありませんので、対応にはスピードを要します。その為なのか、周りに声をかければ、手が空いている人が必ずサポートをしてくれたり、相談に乗ってくれたり、それでも問題が解消しない場合どのようにフォローしていくかの手順がしっかりと確立していることです。
仕事面でも自由度がとても高く、やりたい、と声を上げたことは高確率で採用され、実際に成果を上げると非常に評価してもらえます。年齢や役職にかかわらず、声を上げやすい雰囲気が社内全体に存在するのです。
給与面については、システム開発からテレオペなども行うサポーターということでだいぶ下がるかと思いましたが、勤怠管理がしっかりとしており、残業代も当然ながら不足なく支給されるので、思ったよりも下がりませんでした。それどころか、前職では成果に応じたボーナス(成果報酬)だったものが、年2回固定できちんとボーナスが支給されるようになり、会社全体の業績が良く度々ボーナス額のUPが続いたこともあって、勤務時間は半分以下になったにもかかわらず、年収自体はほとんど変わっておりません。休暇申請も通りやすく、転職後の環境に非常に満足しています。
キャリ姉
かなり働きやすい職場のようですね。退職後すぐに転職先が決まったとのことですが、20代で転職活動をすることに不安はありませんでしたか?
未経験でヘルプデスクに転職した20代Cさん
リーマンショックから日が浅く、前職の上司には今転職してもうまくいかない、と散々言われました。不景気な雰囲気も漂っており、だからこそ、辞めてからしばらくゆっくり、といった考えは捨てすぐに転職活動を始めました。20代という年齢面はさほど気にならなかったように記憶しています。転職をする際は、記載されている給与ではなく、働きやすい職場か、残業は多くないのか、どのように残業管理をしているのか、産休育休を取得している人はどれくらいいるのか、といった待遇面を重視するようにしました。当時、転職先として検討した中では現在の職場はそこまで給与がいい方ではありませんでしたが、実際に働いてみるとこれ以上のところはないと強く思うため、業務環境を確認するのはとても大切だと思っています。
キャリ姉
待遇面の確認は重要ですよね。20代で転職を考えている方にアドバイスをいただきたいです。
未経験でヘルプデスクに転職した20代Cさん
まずは3年働くべき、等、20代の早いうちに転職を決めるのは早計だという大人も周りにはいるかと思います。苦労して学歴を得て、新卒で入った会社であればなおのこと、転職にためらいもあるでしょう。ですが、経験者、ベテランではなく若い人を転職で採用している企業も少なくありません。今現在、転職を考えるほど不満に思うことがあるのであれば、会社に何を求めるのかもしっかりと見えているはずです。自分が会社に何を求めるのか、どうやって生きていきたいかをしっかり定めれば、転職後に後悔することは少ないように思います。20代という若いうちの今だからこそ、積極的にチャレンジしてみてください!