年収200万アップ・未経験職種へ転身など「転職成功事例」多数!

ハタラクティブ ハタラクティブ マイナビジョブ20's マイナビジョブ20's リクらく リクらく

経験者は強い?医療事務の第二新卒転職事例のご紹介

経験者枠で医療事務に転職した20代女性Aさん
性別女性
現在の年齢29歳
転職時の年齢24歳
転職時期2014年4月
転職前の業界・職種・都道府県病院の医療事務(高知県)
転職後の業界・職種・都道府県診療所の医療事務(高知県)
最終学歴専門学校卒

キャリ姉
前職も医療事務ということで、経験者としての転職なんですね。前職は病院勤務とのことですが、入社した経緯や具体的な仕事内容を教えてください。
経験者枠で医療事務に転職した20代女性Aさん
学校の斡旋により、前職の病院に就職しました。とにかく早く就職先を見つけようとする専門学校で、受けられるものは片っ端から受け、おかげで早めにこの職場に就職できました。地元で仕事を見つけたかったので、就職が決まった時は嬉しかったです。地元でも有名でよく知っている病院で働けることになって、私も家族も心から安心しました。病院での私の仕事内容は窓口作業や雑務です。医療事務で採用してもらい、業務内容としては窓口での受付や会計、それにレセコンでの入力をローテーションで行い、これに加えて電話対応や頼まれた雑務、月始めに遅くまで居残り、レセプト点検をするという流れです。レセプト点検の際には22時ごろまで居残りしなくてはいけないことも連日あり、なかなかに大変でした。
キャリ姉
有名な病院に就職できたにもかかわらず、その職場を辞めようと思ったきっかけは何だったのでしょうか?
経験者枠で医療事務に転職した20代女性Aさん
私が転職しようと思った理由は、人間関係トラブルからでした。最初はうまくいっていました。一番年長な先輩の医療事務さんと仲良くしていたので、前半はとても良好な関係で仕事ができていました。しかし、その後産休の末その人がやめてしまって、次に年長なった人と折り合いが悪かったんです。小さなことでいろいろ揉めて、そこから仲がこじれてしまい、酷いいじめをされました。周りの人は目の敵にされて可哀想と思ってくれてはいたと思います。最初は少し声をかけてくれたりもしていました。でも、その年長の人に逆らえずに、私はどんどん孤立していきました。人前で大声で罵倒されたりはしょっちゅうだったし、仕事での大事な話を自分だけされていなかったりし、だんだん精神を病みました。次第にストレス症状が出てきて、突然吐き気で病院に運ばれたこともあります。これをきっかけにこのままでは精神的にやられると思い、転職しようと考えました。
キャリ姉
医療事務は女性が多いので、1度人間関係がこじれると厄介な印象がありますね…。20代の第二新卒の転職になると思いますが、求人探しはどのように行いましたか?職種は医療事務に絞って探したのでしょうか?
経験者枠で医療事務に転職した20代女性Aさん
転職活動で利用したのは、リクナビnextです。単純にここが一番大手と言われていたし、友人で利用している人がいたので、それもあってリクナビnextを使って転職活動を行いました。前職の経験を活かしたかったので、求人は医療事務メインで探していました。マイナビ転職なども登録しましたが、一番活用したのはリクナビnextでしたね。医療事務の求人が一番多く、助けになりました。私は専門卒ですが24歳なので第二新卒の転職になりますね。20代前半で初めての転職活動でしたが、友達がいろいろと教えてくれてアドバイスしてくれたおかげで、スムーズに転職先が決まりました。私の実家はハローワークまで車で1時間とかなり遠かったので、このサイトはすごく助かりましたね。医療事務経験者ということもプラスだったかもしれません。
キャリ姉
リクナビnextをうまく活用したんですね。20代の第二新卒で初めての転職でも、医療事務経験者ということでスムーズに転職活動が進んだように感じます。新しい職場の仕事内容はどんなものですか?前職の病院と違う点はありますか?
経験者枠で医療事務に転職した20代女性Aさん
転職先は診療所です。以前の職場と比べて小さい病院なのですが、すごくアットホームな感じが私の心に刺さりました。人柄がよさそうな夫婦が経営しており、ものすごく優しかったですね。転職先の業務も医療事務なので、以前と大きくは変わらず、受付・会計・レセコン入力・電話対応・雑務・レセプト点検です。診療所でもお仕事はそんなに変わらないです。ただ担当とかがなく、なんでもオールマイティにこなしていかないといけないので、経験者とはいえ、そこは大変ですね。どれもこれも自分で責任を持って行わないといけなくて、誰かにフォローしてもらうという甘えた感じではないです。でもその分医療事務仲間との結束力が高まり、責任を持ってひとつひとつの自分の仕事を行えるようになりました。
キャリ姉
診療所の医療事務で規模が小さい分、責任を持って業務にあたっているんですね。仕事内容は大きく変わらないとのことですが、前職と比較して良い点はどんなところでしょうか?人間関係は改善されましたか?
経験者枠で医療事務に転職した20代女性Aさん
そうですね、新しい職場と転職前とを比べてみて、明らかに違った点は人間関係です。以前の職場では酷いいじめを受けて、辛い思いをたくさんさせられた私ですが、新しい職場では以前よりも20代~30代の人が多くてスタッフの年齢が近く、私よりも年下が多い環境というのもあって、お互いに高め合いながら良好な関係で仕事ができました。毎日のように怒鳴ってくる先輩もまったくいませんし、穏やかな人が多いです。多分経営者の人柄のおかげで、まったりと穏やかな職員が多いんだと思います。前のような人とぶつかることもほとんどないし、仕事もずっと楽になりました。なんて幸せな職場なんだろうと思っています。
前の職場は残業もすごく多くて、1週間くらい夜遅くまでレセプト点検をしていたことがありました。翌日はいつもどおりの時間に出勤しないといけないのですが、眠くて仕事の効率も下がり、みんなピリピリイライラすることも多かったです。しかし、新しい職場に変わったら仕事も随分楽になり、残業も減りました。おかげで仕事のケアレスミスなどもなく、集中力が高い状態を維持して働くことができていると思います。
新しい職場に転職して、経営者の夫婦と少数の従業員でお食事することもあります。ちょっと高めの居酒屋や高級レストランなどのお店に連れて行ってもらい、そういうやり取りもあり、より人間関係が良くなった気がします。
キャリ姉
とても人間関係が良い職場で働くことができているんですね。残業も減って、転職は大成功といったところでしょうか。転職活動はスムーズに進んだようですが、20代・第二新卒の転職で不安はありましたか?面接で気を付けたことなどがあれば教えてください。
経験者枠で医療事務に転職した20代女性Aさん
初めての転職は本当に不安しかなかったです。精神的に弱っていたこともあり、自分が働ける職場が他にあるのか、心底不安を感じていました。しかし、家族や友達に元気づけられ、頑張ってみようという気持ちに切り替えました。この切り替えが大事だったと思います。
転職で一番聞かれたくなかったのは「前の職場を辞めた理由」です。当時の私はこれをつっつかれるのが一番嫌でしたね。辛い思い出が蘇ってくるからです。ただこれを聞いてこない面接はほとんどなかったし、嫌がらせのようにつっつかれました。最初は言葉につまったりもしましたが、案外素直に理由を話すと、面接官の方は分かってくれました。面接を何度かこなすうちに、堂々と話したほうが印象が良いと分かりました。ここを偽りなく堂々と話したことによって、転職がうまく行った気がします。
キャリ姉
明るく堂々と面接に臨んだことがプラスに転じたんですね。20代で転職を考えている方にメッセージはありますか?
経験者枠で医療事務に転職した20代女性Aさん
20代や第二新卒での転職は正直不安でいっぱいですよね。私もそうでしたから良く分かります。田舎だと特に転職先探しが難しく、何度も気分が滅入るんです。しかし、それで後ろ向きになってしまうのは損だと思います。だって20代って、周りからしたら、まだまだ若く、いくらでもやり直しが利く年齢だからです。私みたいな散々な経験をして、精神面でやられた人間でも、するっと転職できましたので、安心してください。
一番大事なポイントは「気持ちを切り替えること」です。いつまでもくよくよしていたら、何も変わりません。プラス思考に考えて、絶対就職先はあると自分を宥めて元気づけてから面接に臨むといいです。20代の転職はぜんぜん難しくありません。やる気さえあれば必ず転職できる年齢なので、安心してポジティブに転職活動を行ってください。