年収200万アップ・未経験職種へ転身など「転職成功事例」多数!

ハタラクティブ ハタラクティブ マイナビジョブ20's マイナビジョブ20's リクらく リクらく

1.人事(採用・研修)の経験を活かし、20代で人事の労務部門に転職!

人事転職経験者・20代Iさん
性別男性
現在の年齢27歳
転職時の年齢25歳
転職時期2018年4月
転職前の業界・職種・都道府県大手金融企業・人事採用・研修部門 (東京都)
転職後の業界・職種・都道府県大手IT企業・人事管理・労務部門(東京都)
最終学歴四大卒

キャリ姉
前職から一貫して人事職に就いているんですね。まずは前職の金融業に入社を決めた経緯と、担当していた業務内容を教えてください。
人事転職経験者・20代Iさん
就職活動中、一番親身になって対応していただき業務内容も魅力的で、社会的意義のある企業だと感じたので就職しました。社員数は数万人の日本を代表する生命保険会社です。会社の事業内容は、生命保険業・資産の運用・貸付業務・有価証券投資業務・不動産投資業務などです。私の仕事内容は、人事採用・研修部門で、新卒・既卒・障がい者の採用業務と社員へのスキルアップ研修を行なっていました。新卒採用では、各大学への訪問、合同説明会の企画・運用、採用試験、面接など採用活動全般を担当していました。人手不足で売り手市場が続く中、内定辞退者を減らす取り組みに力を入れ、私が採用を担当するようになってから内定辞退率を約20%ほど改善させることができました
キャリ姉
20代ながら仕事でしっかりと成果も出して順風満帆だったように感じますが、転職を決めた理由というのは?
人事転職経験者・20代Iさん
人事の採用・研修部門の業務内容に不満はありませんでしたが、採用と研修を担当していたこともあり残業時間は毎月100時間近くあり、体力的に厳しいと感じていたことと、個人的に社会保険労務士を目指しており、労務関連業務へもっと携わっていきたいという思いがありました。会社へ部署異動の希望はだしていましたが、採用部門の人手不足もありなかなか異動が叶わず、また今後も異動できる見通しが立たなかったことが転職活動を行うきっかけとなりました。今後どうするのか悩んでいた時期に、知り合いの社会保険労務士の方とお話する機会があり、目指すのであれば早めに実務を積み知識を身に着けたほうが良いとアドバイスをいただいたことも、転職活動をはじめる決意となりました。
キャリ姉
残業の多さと、社労士を希望していたことが転職の決め手だったんですね。転職活動はどのように行いましたか?
人事転職経験者・20代Iさん
転職活動は、企業HPから個人的に中途採用エントリーをしたり転職サイト・エージェント企業2社(DODA・マイナビ転職)に登録しました。在職中に転職活動をはじめて、合計5社に応募しすべて内定をいただきました。転職活動は初めてでしたので、就職活動とは違う履歴書の書き方や面接への備えなどに少し戸惑いもありましたが、しっかりと企業研究をして対策を練ることで無事希望する企業へ転職することができました
キャリ姉
応募した5社すべて内定とは素晴らしいですね!転職先の企業でも人事職だと思いますが、具体的にはどのような業務を行っていますか?
人事転職経験者・20代Iさん
転職先の企業の業務内容は、IT企業で主にシステムインテグレーション事業やシステム開発事業を行なっています。その中で私は人事部門で、人事労務管理・給与計算・社員の健康管理・考課などの業務を行っています。具体的には、社員の日々の勤怠管理と月締め処理、労災や労基署・法律改正への対応、毎月の給与計算と賞与計算、社員の定期健康診断の手配から安全衛生委員会の実施・運用、考課による社員の昇格や賞与査定の決定などです。
最近は働き方改革業務の一環として、リモートワーク(在宅や社外)の試験的実施と運用、男性社員が育休取得できるよう会社全体への啓蒙活動、社内規定を改定し残業規制をより厳しくするなど、社員が働きやすいよう環境整備をしています
キャリ姉
前職と比較して、今の職場が良いと感じるのはどんなところですか? 労務部門に就いたことで仕事内容は変化があったと思いますが、残業面の悩みは解消されましたか?
人事転職経験者・20代Iさん
新しい職場が転職前と比べて良い所は、労務部門ということもありますが残業時間が前職に比べて大幅に減ったことです。前職では毎月100時間近く残業がありましたが、現職では多い月で20時間程度です。また給与面も残業が減ったにも関わらず転職後の方が多いです。前職では600万円~650万円程度でしたが、現職では750万円くらいですので満足しています。20代としてはかなり高水準の給料を頂いていると思います。
次に人間関係について、前職は金融企業ということもあり社内競争が激しく蹴落とし蹴落とされといったガツガツとした社風でした。また上司と落ち着いて話す雰囲気や機会もなく、相談したいことがあってもなかなかできる環境ではありませんでした。現職では、入社後しっかり研修とフォローがありスムーズに馴染むことができました。また部署の雰囲気もいい意味で緩く、上司も頻繁に話しかけてくれるのでコミュニケーションが取りやすく、また相談も気軽にできる環境です。
その他、前職では忙しくてなかなか取得できなかった有給も、現職では月に一回取得することが義務化されており心身ともに楽になったと感じています。総合的に、年収面、環境、ワークライフバランス全てにおいて転職して良かったと感じています。
キャリ姉
総じて転職は成功したと言えるようですね!転職活動はスムーズに進んだ印象ですが、20代の転職で不安に感じたことや意識したことはありますか?
人事転職経験者・20代Iさん
20代での転職は、企業にストレス耐性やコミュニケーション能力不足などマイナスな部分があるのではと思われるかもしれないと心配していましたが、現在は若い世代の転職も多いので、面接でそこまで追求されることはありませんでした。そもそも追求されないように対策として、転職理由の明確化、転職でしか自分の希望が叶わない理由などを、履歴書・職務経歴書・面接でしっかり説明しました。
転職活動で意識した点は、大切にすることの優先順位をしっかり決めて活動したことです。転職で優先することは、年収なのか、やりがいなのか、ワークライフバランスなのか、人それぞれだと思います。自分の中で優先順位が決まっていなければ面接で綻びがでるので、そこはしっかり軸を持つべきだと思います。
キャリ姉
しっかりと対策をして転職活動に臨まれたんですね。20代で転職を考えている方にアドバイスをお願いします。
人事転職経験者・20代Iさん
20代の転職に限ったことではありませんが、まず、自分がなぜ転職したいのか整理することが大切だと思います。現職への不平不満は果たして転職したら改善されるのか、現職で不満を解消することは不可能なのかをしっかり検討すべきだと思います。思い切って転職してみたが対して状況が変わらないじゃ意味がないので、時間をかけて考えましょう。
次に、転職活動の戦略と準備をしっかりすることが大切だと思います。企業によってどういう人材が欲しいのか、好むのか全く違います。企業HPや口コミサイトで企業研究をして自分がその人材像に当てはまるのだとアピールできるように準備することが不可欠だと思います。

2.20代後半でベンチャー企業の人事に転職!

人事転職経験者・20代Kさん
性別男性
現在の年齢27歳
転職時の年齢27歳
転職時期2019年8月
転職前の業界・職種・都道府県不動産会社の人事部門 (東京都)
転職後の業界・職種・都道府県教育系のベンチャー企業の人事部門(東京都)
最終学歴四大卒
キャリ姉
新卒入社の企業でも人事職に就いていたんですね。前職に就職を決めた理由と、具体的な仕事内容を教えてください。
人事転職経験者・20代Kさん
前職の企業には新入社員として入社をしました。大学3年生で就職活動をしている時にたまたま出会い、業務内容に興味があったこと、いろんな経験ができそうだったこと、面白い経歴の先輩が多かったこと、そして待遇面が魅力的だったので就職を決めました。当時は特段やりたいことや、将来どうなりたいということについて考えてはいなかったので、ほぼほぼ直感的に決めました
業務内容は投資用の不動産の販売をメインに行っている会社です。私自身は不動産にかかわる業務を担当していたわけではなく、入社から一貫して人事畑で仕事を行ってきました。新入社員の間は主に新卒採用を担当し、後半は中途採用や、社員研修、既存社員の労務管理や制度の策定などをメインに行なっていました。
キャリ姉
人事として幅広い業務を担当していたようですが、転職を決意した決め手は何かあったのでしょうか?
人事転職経験者・20代Kさん
一言でいうとつまらなくなったからです。入社した当初は小さな会社だったのでいろんなことに挑戦できたり、新しいことをやってみようという人が多くいて活気がある雰囲気でした。でも、会社が大きくなるにつれて一人一人の業務の幅が狭まり単調な業務が増えてきました。昔の雰囲気が好きな人がどんどん退職していき、あまり面白みのないメンバーになってしまい、新しいことに挑戦しようという雰囲気が段々となくなり、このまま会社にぶら下がりたいというような人が増えていきました。自分自身まだ20代ということで年齢が若かったので、このままこの会社にずっと勤めていていいのかという思いがありました。またオーナー企業だったので、オーナーの言うことが絶対という雰囲気にも嫌気がさして退職しました。
キャリ姉
人事としてスキルアップしづらい環境になってしまったんですね。転職活動はどのように行いましたか?
人事転職経験者・20代Kさん
自分自身大企業に行きたいというわけではなかったので、エージェントに登録するというよりは wantedly などを使って興味のある会社を探しました。その中でホームページなどを見て興味を持った会社に自主応募をするという形で転職活動を行いました。
キャリ姉
自分で興味のある会社を探して応募したんですね。現在はどのような業務を担当していますか?
人事転職経験者・20代Kさん
現在勤めている会社は教育系のベンチャー企業です。社員数でいうと50名程度で、学習塾の運営と教育に関わるメディアの運営をメインで行っています。私の現在の業務内容は主に前職と同じ人事部の採用周りを担当しています。教育に思いを持った中途の方をメインに採用を行っています。新卒採用も行っていく予定です。
また、まだ小さな会社なのでバックオフィスがあまり整っていないため、労務まわりの業務も担当しています。現社員の勤怠の管理や、研修の設計、諸制度の整備などを行っています。 人事周りではありませんが、興味があったため、学習塾の新規出店や立ち上げなどのプロジェクトにも関わらせてもらっており、実際の塾の運営にも携わっています。
キャリ姉
同じ人事職でも業務の幅がかなり広がっているように感じます。前職と比べると今の職場はどんな点が良いと思いますか?
人事転職経験者・20代Kさん
現在の職場が前の職場と比較して良いと思う点は、一人一人がただだらだらと働いているわけではなく、思いを持って働いている点です。人数が少ないので一人当たりの仕事の幅も広く、一人一人がアイデアを出してくれるので日々刺激的に仕事をすることができています。前職だといかに社長の機嫌をとるかという雰囲気があったのですが今の会社の社長は年齢が若いこともあり社員の中に混ざって議論をしてくれるのでとても新鮮に感じています。
また働き方の面でも前職は早朝から深夜まで働くのが良いという雰囲気でした。上司が帰らないと帰ってはいけないという暗黙の決まりがあったり、始業開始が9時と定められているにもかかわらず暗黙の了解で8時までに出社しなければいけないという謎のルールがあったりしました。休みの日でも大した用もないのに上司から電話がかかってくるのですが、出なければ次の日にずっとみんなの前でねちねち言われるというような状態だったので休みの日も気持ちが休まらず、仕事以外の時間がほとんどない状態でした。
今の職場は土日祝日きっちり休みですし、勤務時間も正常な範囲内です。状況に応じてリモートワークでの対応をしてくれたりと個人の働きやすさをとても大切にしてくれているので非常にありがたいです。 転職してから変なストレスがなくなったので本当に転職してよかったと思っています。
キャリ姉
前職と比べると、仕事内容も会社の環境も改善しているようですね!20代の転職活動で不安や不利さを感じたことはありましたか?
人事転職経験者・20代Kさん
私は20代後半での転職でしたが、20代だと第二新卒というくくりで転職する人が多いかと思います。経験もないのに転職するなんて、という意見であったり、そんなにすぐに辞めるなんてこらえ性がないんじゃないかという意見も少なからずありました。20代の転職は世間的にはあまりプラスイメージではないというのがまだ一般的なようなので、気になる方は少しやりづらいかもしれません。自分自身が、若手ということで転職活動で不利に感じたことは、経験者の転職と異なり大幅な年収のアップはあまり見込めないことです。私自身、転職先がベンチャーということもあるかもしれませんが、年収はあまり変わりませんでした。
キャリ姉
それでも転職先で人事としてスキルアップできているのは立派だと思います!転職について悩んでいる20代の方にメッセージをお願いします。
人事転職経験者・20代Kさん
20代での転職と言うと否定的な意見も世間的にはまだ多いです。自分がどう思うにしろ、世間的にはそう思う人もいるんだなという参考にはして、あまり気にせず自分の正しいと思う道に進めばいいと思います。立ち止まってしっかり考えてみるとどんな選択をしても正解にできると思いますので、自分で考えるという行為は大切です。
また、周りの親しい人とざっくばらんに転職活動について話をしていくと、新しい視点が開けたり、優先順位が明確になったりして転職活動がスムーズに進むと思います。20代という時間はとても貴重な時間だと思うので、ただただ無駄に使うのではなく人生の目標を決める気持ちで転職も考えてみるといいと思います。