年収200万アップ・未経験職種へ転身など「転職成功事例」多数!

ハタラクティブ ハタラクティブ マイナビジョブ20's マイナビジョブ20's リクらく リクらく

人間関係とセクハラに限界!転職を決意した介護職女性の実話!

介護職で転職した20代女性Gさん
性別女性
現在の年齢27歳
転職時の年齢21歳
転職時期2013年3月
転職前の業界・職種・都道府県医療福祉系(介護職)・ショートステイサービスの介護職員(埼玉県)
転職後の業界・職種・都道府県医療福祉系(介護職)・特別養護老人ホーム(ユニット型)の介護職員(埼玉県)
最終学歴高卒

キャリ姉
ずっと介護職をされているんですね。前職は高卒後に就職した会社ですか?具体的にはどんな仕事を行っていましたか?
介護職で転職した20代女性Gさん
前職場は高卒後初めての就職先です。私はおばあちゃん子だったということもあり中学3年生位から介護の仕事に興味を持っていました。高校3年生の時に介護初任者研修の資格を取得し、私は介護の仕事に就くことを強く決めていて、自宅からもそれほど遠くない隣町の介護施設に就職しました。高卒で初めての就職ということもあって「介護の仕事ができれば良い」ということしか考えていなかったため就職理由はこれといってありませんでした。会社の業務内容としては、利用しているお年寄りの日常的なお世話です。私が配属されたショートステイサービスの主な仕事は入所・退所時の荷物チェック、入浴介助、トイレ誘導、オムツ交換、食事介助、口腔ケア、食事配膳、日誌記入でした。会社の業務内容と同様に自分の仕事内容は早番・遅番・夜勤の3交代制の中でこれらの仕事をしていました。
キャリ姉
そんな前職を辞めた理由は何でしょうか?転職先も介護職ということで、仕事内容以外で何か大きな理由があったのでしょうか?
介護職で転職した20代女性Gさん
私が直接的に転職しようと決意した出来事は人間関係とセクハラです。人間関係の方は、18歳~21歳の約3年間ショートステイサービスの職員として勤務している中で、仲良い職員同士はちょっとしたミスの場合笑って許し合っていたのに、それほど仲の良くない職員同士となると笑って許し合える程度のミスなのにチクリチクリと嫌味を言い合っていました。また、同じミスなのに人によって怒ったり、怒らなかったり、注意もしないという人を見て態度を変える上司も居ました
そしてセクハラの方は、18歳の新入社員の時に私の指導担当だった男性職員が、2人きりになる夜勤の時だけ私に執拗以上に近寄ってきたり、既に完璧なのにもかかわらず血圧測定の練習を実際にお互いの腕を使って何度もやらされたりしました。ただ楽しく介護の仕事をしたい私はこうした人間関係とセクハラに限界を感じ、転職を決意しました。
キャリ姉
大変な環境の職場に就職してしまったんですね。転職先はどのように探しましたか?環境の良い職場を見極めるのは大変だったのでは?
介護職で転職した20代女性Gさん
私が行った転職活動の方法は、ネットで“介護施設“と検索し、自宅周辺や市内の介護施設をヒットさせ、ヒットした全ての介護施設のホームページをチェックしていました。介護施設のホームページを見るとどこも施設内の状況を詳しく記載していたり、施設内の雰囲気が分かる写真を掲載しています。どの介護施設もホームページには必ずと言って良い程求人情報を載せていたので、私はそこから電話をかけて求人の有無等を確認していました。
キャリ姉
自分で一つひとつ介護施設のHPを確認して、地道に転職活動を行ったんですね。転職先の仕事内容はどのようなものですか?
介護職で転職した20代女性Gさん
転職先の業務内容は転職前と同じ業種の介護施設のため、利用しているお年寄りの日常のお世話になります。特別養護老人ホームを利用しているお年寄りは車椅子や寝たきりの方が多いため常に重労働の入浴介助や臥床・離床・おむつ交換がメインです。重労働の業務内容以外にも食事介助や日誌記入、トイレ誘導の業務にも携わっています。もっと細かい業務ともなると各部屋の掃除やトイレ掃除、おむつ・お尻拭きの補充や入浴衣類の準備、口腔ケアや食事配膳、ベッドメイキングです。また、会議と勉強会が月に1回ずつあるためそれに向けたパソコンでの資料作りや数ヶ月に1回のペースで行うレクリエーションの企画書作成なども時々行っています。
キャリ姉
介護職としての内容は基本同じで、勉強会の資料作りや企画書作成など事務的作業も手掛けているんですね。転職して職場環境は良くなりましたか?転職して成功でしたか?
介護職で転職した20代女性Gさん
はい!転職前の職場に比べ、転職後の職場は天国だと言って良いほどです。転職して成功だと思う点しかありません。
転職前も転職後も早番・遅番・夜勤の3交代制で休日も固定ではありませんでしたが、転職前は職場自体の人間関係がイマイチ且つ約3年間セクハラをされ、それだけにとどまらず毎日2時間の残業は当たり前でした。睡眠時間も削られ体力的にも精神的にも厳しい職場でした。ですが転職後の職場は職場自体の人間関係が非常に良好で、特別養護老人(ユニット型)に配属されている職員は男女含め20人程居るのに全員が仲良しで、プライベートでも頻繁に飲みに行く程仲が良いんです。
また、理不尽な上司や、人を見てから怒るか否かを判断する職員も居なく、全ての職員が平等です。そして残業もほとんどなく定時もしくは30分以内には必ず上がることができる職場です。
転職前と転職後のお給料はそれほど変わらなかったですが、ほとんど同じ業務内容なのに転職をしたら精神的にも体力的にも全く厳しくなかったです。むしろ“楽しく介護の仕事をしたい“という私の理想が叶った素晴らしい職場です。転職をしたことで職場の人間関係や自分の理想、働きやすさ全てが思い通り・願い通りに行き、全てに対して成功だと思えた職場です。
キャリ姉
理想の職場に転職できて大成功でしたね!高卒後初めての転職で、20代前半ということで、転職活動で不利に感じたことや困ったことはありませんでしたか?
介護職で転職した20代女性Gさん
20代の転職で不利に感じたことは特にありませんでした。なぜなら自分の周りに居る介護施設勤務の人は年齢に関係なく何度も転職経験がある人ばかりだったからです。転職経験のある介護施設勤務の人と話すと必ず「介護業界は入れ替わりが激しいから転職している人の方が多い」「同じ施設に長く居る人よりも色んな施設で働いている人の方が勉強になるしスキルも遥かに上がる」と言います。こうした話を聞いていたため私は「高卒でも20代なら介護業界で必要とされる人材」などと前向きに転職を考えることができていました。そのため転職をする上で不利や不安に感じた点は特にありませんでした。業界の違う転職だったらきっと不利や不安に感じる点が沢山あったと思います。高卒という学歴も気になったかもしれません。ちなみに転職活動で意識した点は面接時に転職する理由を正直に話し、“介護が好き“ということをアピールしたことです。これが良かったのか転職活動中1社の面接だけで合格することができました。
キャリ姉
転職活動はとてもスムーズだったんですね。介護職経験者であること、20代という若さがむしろプラスになった印象です。同じように20代で転職を考えている方にメッセージがあればお願いします。
介護職で転職した20代女性Gさん
違う業界への転職となると不安で仕方ないかと思いますが、同じ業界への転職であれば不安になることはないと思います。今までの経験を活かした仕事ができますし、経験のある20代は会社からすれば欲しい人材です。もちろん違う業界への転職が不利だというわけではありませんが、どんな会社であれ会社からすれば20代はまだまだ若くて将来に期待できる人材として採用してくれる会社も非常に多いです。なので転職をするなら20代の内にしておくことをオススメします。また、転職をすることで私のように全てが良い方向に向くこともあるので、少しでも転職したい気持ちがある人はすぐに転職をしようとするのではなく、世の中にはどんな会社があってどんな働き方をしているのかを調べてから行動するのでも遅くはありません。焦りながら転職活動をすると失敗する可能性が非常に高くなるので、心に余裕を持った状態で転職活動をすることをオススメします。