年収200万アップ・未経験職種へ転身など「転職成功事例」多数!

ハタラクティブ ハタラクティブ マイナビジョブ20's マイナビジョブ20's リクらく リクらく
就活が難しいと言われる既卒者ですが、ここでは職歴なしの既卒者でも就活しやすいおすすめの転職エージェントを比較し、ランキング形式でご紹介します。ぜひ参考にしてください。

1,「既卒者」の就職は転職サイトや転職エージェント経由が主流

何かと批判もありますが国内の企業はまだ新卒一括採用が大半です。専門学校を卒業したけれど資格を取得するまでフリーターだった人、ポスドク問題など新卒一括採用に漏れてしまった大学院出身の人、語学習得のために海外で一時就労した人や旅行に行っていた人など、正社員としての職歴なしで既卒になる人の理由は様々ですが、既卒者は毎年一定の数がいるのが現実です。また既卒者の内、大学を卒業して3年以内の人は第二新卒にも分類されます。

いったん、新卒一括採用の路線から外れてしまうと就職が難しいのが国内の就活事情なのですが、ではこうした人たちはどのようにして就活を行っているのでしょうか。既卒の人たちの転職経路は様々ですが、現状でいうとやはり転職サイトや転職エージェント経由が主流と言えそうです。今の転職エージェントの中には「20~30代で職歴無し」「フリーター経験のみの既卒者」などの層を重点的に取り扱う規模の小さなサービス会社もありますので使いやすいというのもあるのでしょう。

一応「転職サイトや転職エージェント経由が主流」という点について補足しておくと、下の円グラフは2017年に実施した厚生労働省の調査結果です。これは既卒に限定したデータではないですが一つの目安になると思いますので紹介します。この調査によれば平成29年の転職者数は約505万人。入職ルートのシェアは、広告(求人サイト等)による入職が31.4%(約159万人)、次いで縁故23.5%(約119万人)、ハローワークとハローワークインターネットサービスは合わせて22.7%(約114万人)、民営職業紹介所は6.2%(約31万人)となります。「広告(求人サイト等)」の中には転職サイトや転職エージェントが含まれます。

引用元:厚生労働省資料:大都市圏の早期離職者等と地方の中堅・中小企業とのマッチングを促進するための新たな取組と政府等による関連支援策等について(2019年3月)

ということで引き続き既卒に強いエージェントということで主要サイトを比較していきます。

既卒の転職におすすめ!エージェントの比較ランキング

職歴がない点で就活が不利になりがちな既卒者にはどのようなおすすめ転職エージェントがあるのでしょうか?ここでは実績、人気、サービス特徴からカテゴリー分けし、厳選した4つの転職エージェントを比較してご紹介します。

 第4位 ハタラクティブ

既卒者、第二新卒の間でも知名度が高くおすすめランキングの常連に来るのが「ハタラクティブ」です。未経験OKの求人を常時2,000件以上保有し、実際に取材した企業のみを紹介しています。

他の既卒を多く扱う転職エージェントと比較して特徴的なのは職種を見るとエンジニア(ITエンジニア、製造エンジニア、機械エンジニアなど)の募集が多い点です。そして業種では人材紹介、人材派遣の多さが他より目立ちます。設立年数や会社の規模は比較的歴史があり大きめの企業が多いです。

ハタラクティブHPより引用;https://hataractive.jp/contents/joboffer/

エンジニアなどの技術職の場合は、あくまでも「技術のプロ」としてキャリアを積んでいきます。一般的に「技術のプロ」と言われる職種の人たちは特定技術に特化した業務に従事し、業務は固定され、そのままその仕事に従事し続けることが多くなるのですが、IT系など技術の変化が速い業界の場合、技術の変化についていくためにある程度の教育費を出し続けることが前提となります。転職の際は教育面やスキルアップ面でどのような待遇がなされているかというのは是非ハタラクティブの担当スタッフに確認しましょう。ハタラクティブは東京に4か所、地方には千葉、埼玉、横浜、名古屋、大阪、福岡と面談ができる場所が散らばっていますので、地方在住の方にも使いやすいのでおすすめです。

(既卒の人は上記のエンジニアの中でもITエンジニアに挑戦する人が割と多いです。最近ではプログラミングスクール等を経て、職歴無し、未経験でITエンジニアに就業する人も多いですし、職種としても人手不足と言われているので既卒者には向いています。)

第3位 DYM就職

DYM就職も第二新卒、既卒、フリーターの就職に強い転職エージェントです。常に既卒者向けおすすめエージェントのランキングにランクインする人気サービスです。求人数は随時2,000件程度は出していて、過去の正社員就職成功者5,000人の実績を持ちます。DYM就職はハタラクティブと比較して職種としては営業職の方が多くなっていて業界としてはITや不動産が多くなっているのが特徴です。また紹介企業の売り上げ規模は100億未満が77%で中小企業が圧倒的多数になります。

引用元:DYM就職HPより

転職エージェントはどこも担当者制で求職者1人1人に担当が付いて、最後まで転職をサポートしてくれます。職歴なしで不安な人には、登録後にキャリアコンサルティングを行い、どのような仕事が向いているかアドバイスをくれます。DYM就職も適職診断や面接のアドバイスをコンサルタントからしてもらうことができます。面談場所は東京だけでなく、地方も豊富に対応しています。札幌、仙台、東京、千葉、埼玉、横浜、名古屋、大阪、京都、神戸、岡山、広島、福岡、熊本で面談が可能です。

またDYM就職は書類選考無しで面接に行ける案件も多いのですが、これは事業所の規模が小さな企業中心に営業をしており、採用の最終意思決定者である経営者と直接コンタクトを取っている場合が多々あり、書類選考が省かれるようです。こうした案件はエージェントが紹介先と太いパイプを持っていることから合格率が高くなる傾向がありますが、零細企業の場合はブラック企業であるリスクなどもありえるのでDYM就職の担当者にしっかりヒアリングが必要です。

第2位 就職shop

DYM就職と類似したサービスに就職shopがあります。ただしこちらは案件数がDYM就職と比較するとより多く、累積8500社と取引しており、既卒者向けのエージェントの中で案件数ではトップクラスとも言えます。また20代の利用者が9割で、求人は未経験者対象が大半です。職歴無しの既卒者でも利用しやすいエージェントであり実績も豊富です。特徴は営業、接客業が多い点です。女性の場合は一般事務職も多く、これらを希望している人にはメリットがあります。また案件数の多さは魅力ですが、人が辞めやすく流動性の高い飲食業やアミューズメントの案件もあり、就労の安定性を求める人にはこうした求人は注意が必要です。

引用元:就職shopHPより

エージェントと面談ができる場所は、東京が4か所、千葉、埼玉、横浜、大阪、京都、神戸と首都圏、関西圏のみになっており地方の人には不便かもしれません。キャリアコンサルティングなど詳細なカウンセリングを受けたい場合は、電話やメールより会って面談した方がより細かいアドバイスを貰え、就活に有利になります。北海道、東北、九州の方にはあまりおすすめできません。

第1位 JAIC(ジェイック)

ランキング1位はJAIC(ジェイック)をご紹介します。JAICが他の4社と違う点は、厚生労働省委託(職業紹介優良事業者推奨事業)が決める「職業紹介優良事業者」に認定されている点です。全国でも43社しか認定されておらず、数少ない優良事業者の1社になります。

特徴は徹底した面接対応です。希望者には面接を突破するための数日間にも及ぶ研修があり、立ち居振る舞い、髪型、服装等身だしなみチェックや職務に相応しいしゃべり方まで徹底的に指導してもらえます。

企業面接では志望動機や将来の展望、貢献できることを聞かれ、受け答えが重要になりますが、事前に研修を受けることで、面接で何を話すべきか素早く判断ができるようになります。フリーターが長い場合や、職歴がない場合でも研修を事前に受けることで自信を持って面接に挑めるようになるのがメリットです。

エージェントとの面談が可能な場所は、東京以外全国に散らばっています。札幌、宮城、東京、千葉、埼玉、神奈川、愛知、大阪、京都、兵庫、広島、愛媛、福岡で面談できます。

 

番外編) エー・オー・シー・キャリア

近年の人材マーケットは、東京一極集中は是正されず、大手転職エージェントで募集されている案件の半数近くは東京近郊での求人になっています。地方在住には不利な点が多く、地方で就職したい方にとっては大きな悩みでしょう。

地方の方の場合は、地方に特化したエージェントを使うことをおすすめします。例えばエー・オー・シー・キャリアは金沢市にある事務職専門のエージェントです。案件は金沢市周辺に限定。20~30代の女性の利用者も多く、職歴無し、未経験OKの求人もあり、既卒にもおすすめです。また厚生労働省委託(職業紹介優良事業者推奨事業)が決める43社の「職業紹介優良事業者」の1社で求職者は手厚いサポートが得られます。面接前に職場見学が実施され、実際に働く前に職場の雰囲気を確かめることができます。

 

既卒者の転職エージェント選び方まとめ

今回は職歴なしでも登録できる既卒におすすめのエージェントをランキング形式でご紹介しました。それぞれ特色があるので、どの職種、どの業種の求人に当たりたいかで決めると良いでしょう。また地方在住の方は、地方で面談を実施してくれるエージェントがおすすめです。転職エージェントは求職者1人1人に担当者がついてサポートしてくれます。就活に慣れない既卒にはおすすめのサービスです。