年収200万アップ・未経験職種へ転身など「転職成功事例」多数!

ハタラクティブ ハタラクティブ マイナビジョブ20's マイナビジョブ20's リクらく リクらく

第二新卒で食品メーカーに転職した実例をご紹介!

キャリ姉
前職は新卒で酒造メーカーに入社されたんですね。その企業を選んだ理由や、入社に至った詳しい経緯、具体的な仕事内容など、体験談を教えてください。

第二新卒で食品メーカーに転職・Bさん
私は学生時代より日本酒が好きで酒マニアでした。そして就職も日本酒製造業に携わろうと考え求人を探していたら地元の山口県に著名で大手のメーカーにて募集があり、現場でのインターシップを経験し面接をして採用となりました。採用後は製造工場の現場に配備されていました。現場の部署が日本酒の製造工程ごとにあり例えば酒米を洗う専門の部署もあれば、その洗った酒米を蒸す専門の部署があるという状況の中私自体は発酵管理と米麹の製造に関与していました。どちらとも肉体を酷使する業務内容で、発酵管理なら酒のタンクの清掃や温度管理、櫂入れ(よくあるタンクを混ぜる作業)等でした。米麹造りなら室温40℃を超える環境での仕事で1ヵ月に2~3回麹菌の管理のため夜勤業務がありました。
キャリ姉
なるほど、お話をうかがう限りでは、お酒が好きで酒造メーカーに就職できたということで、希望の就職が叶ったように感じますが、転職した理由は何でしょうか?よほど大きな出来事があったのでは?
第二新卒で食品メーカーに転職・Bさん
実は 入社してしばらくからすべてにおいて不満がありました。まず経営は経営者のワンマン経営で、非常に現場を圧迫するような無茶な物事が多かったです。人員にたいして明らかに負担をかけまくる製造予定、それに伴い現場のモラルが崩壊していて、隠蔽工作や責任のなすりつけ合い、暴力事件等もありました。企業の表向きのイメージと実際の乖離というのはある程度覚悟していたつもりでしたがそれにしても散々な有様でした。私がその中で、第二新卒という早い時期に転職を決意したのは業務中に足首の骨折事故を起こした時でした。この時私の認識としては労災事故を起こしてしまったなと感じましたが、その時の会社側の対応を見て非常に身の危険を感じたんです。まず同僚に病院へ搬送される時、上司は「もし医者が労災と騒いだら俺に電話してこい」ともみ消そうとした発言、後日菓子折りで会社に謝りにいった時も社長夫人もが「労災ではないから」と3回も言って、この会社は最低だしこのままでは身が持たない、いつか心身共に参ってしまうと思い転職を決意しました。
キャリ姉
かなり劣悪な環境の職場だったのですね…。24歳の時の転職ということで、20代の第二新卒の転職になりますね。転職活動はどのように行いましたか?
第二新卒で食品メーカーに転職・Bさん
まず最初に若者就職センターに相談をしました。かつリクナビ転職などの転職サイトで興味のある求人を探しました。その上でどういう履歴書を書くべきか?どういう面接の練習をすれば良いか相談したりしました。あとはその上で休日を使い実際に面接に赴いたりしました。
キャリ姉
色々な方法で転職活動を行ったんですね。転職先は有機食品メーカーとのことですが、具体的にはどのような業務にあたっていますか?
第二新卒で食品メーカーに転職・Bさん
まず会社は6次産業を行っている有機食品専門の会社(上場をしている会社)です。大きくくくれば食品メーカーですね。私自体の仕事はその中で1次生産の部門で肉用鶏種の農場にて現場管理と鶏の飼育管理をしています。主な業務として、鶏は年4回育てる事になるのですが、1クール3ケ月の間に様々な業務をこなします。3ヶ月中の1月は鶏舎の高圧水洗機での洗浄、消毒や設備の点検修理、重機を使用する仕事もこなします。3ヶ月中の2月は鶏の飼育管理に充てられます。鶏舎に搬入された雛が出荷されるまでも2か月の間、温度管理やワクチンの投与、設備点検を行います。また空いた時間を用いて草刈りを行ったり、鳥インフルエンザ対策で石灰の散布を行ったり、時には台風もくるのでその対策を行います。
キャリ姉
転職先の食品メーカーも、体力的には負担が大きそうに感じますが、それでも前職場と比べて今の職場の方が良いですか?どんな点が良いと感じるか、具体的に教えてください。
第二新卒で食品メーカーに転職・Bさん
現在の職場の良い点としてまず一つが、上場をしている企業だけあり組織整備、人材育成のシステム、給与アップの仕組み、給料の支払いがちゃんとしている等が挙げられます。
2つ目としては、20代の自分が少し上からのもの言いで良くない事ではありますが、全体的に人の質が非常によくなり、モラルが崩壊していたり、理不尽極まりない内容(機嫌悪いからとか)での説教があったりという事はなくなりました。仮に説教があったとしても真っ当な理由ですので仕方ないし、自身の成長につながる内容ですので納得がいきます。
3つ目としては、一人で仕事させてもらえる場面が増えたという事です。前職では、仕事のミスをするとすぐ仕事は取り上げられる上、一度でもミスをすればまるで罪を犯したかのように指をさされ、悪口も言われ非常に窮屈な環境でした。現職では仕事でミスがあったとしてもよほどの事がない限りは、うまく行くまでやらせ続ける位のスタンスで上の方が根気強く待っていただいたおかげでスキルアップもできました。なにより一人で仕事を行う事で自ら自発的に考えて仕事を行う場面も増えてきて、自由だし良い事ばかりでした。第二新卒で入社した20代の自分にも、自分で考えて行動するというチャンスをくれる会社です。
総じて前職と比べて人は大らか、仕事も自由な点が多い、会社の運営も健全であるという所が良かったです。
キャリ姉
第二新卒の転職を経て、良い職場に入社できたんですね。しかし20代の第二新卒での転職活動ということで不安などはありませんでしたか?転職活動で感じたことや意識したこと、心がけたことなどはありますか?
第二新卒で食品メーカーに転職・Bさん
やはり不安に思う所はありましたね。第二新卒の20代ということで、少なくとも前職で培った経験を放棄する事にはなるし、給料も一旦下がります。うまくいかなければどうしようか…と不安に感じる所は多かったです。転職時に意識したことは主に2つで、一つは前の会社より必ず良い組織体制であるだろうなと思われる会社に入る事。前職は上場企業ではなかったので、次はできれば上場企業に入り安心感を得たいという気持ちで職をさがしました。もう一つは仕事をしながら探したいなと考えていたことです。新しい仕事を探すために今の仕事を辞めたら、堕落して仕事を探さなくなるかもしれないと感じたのでなるべくブランクはあけたくなかったです。
キャリ姉
あえて仕事を辞めずに、在職中に転職活動をされたんですね。最後に第二新卒で転職を考えている20代の方に向けてメッセージはありますか?
第二新卒で食品メーカーに転職・Bさん
わりと転職は悪しき事みたいに言われることがありますがそんな事はありません。特に入社3年以内、20代の第二新卒の転職は我慢が足りないとか言われることもいまだにありますが、実際に第二新卒で転職を経験した自分が思うに全然そんなことはないです。やはり職場の景色というのは千差万別です。様々な考え方経験を積むのでしたら最初に入った会社に居座りそこの価値観にとらわれるのではなく、他所の会社に行って良い経験を積んだほうがよいと思います。今いる会社でうまく行かない、仕事ができない、人間関係が悪かったとしても、自分自身が至らないのではなく会社が自分をうまく扱えない環境であると思いっきり会社のせいにして、自分にとって理想の環境をつかみ取るように行動し続けたほうが自分自身のためだと思います。ですので、恐れずに転職したいと思ったら行動していくほうが良いと思います。