転職活動をしたことがある20代の女性の方はたくさんいますが、転職してよかった!という人ばかりではないのも事実。中には「この転職は失敗だった…」と後悔している人もいます。

この記事では、転職に失敗した8名の女性の方にインタビューし、失敗談を教えてもらいました。どんな点が失敗だったのか、今後転職に失敗しないためにはどうすればいいかなど、これから転職を考えている20代女性の参考になるリアルな話が満載です!ぜひ参考にしてください!

1.激務の広告代理店を辞めて、残業は減ったけれど仕事内容に不満…29歳女性・Aさん

性別女性
年齢(現在)29歳
年齢(転職時)29歳
転職前の職場広告代理店・企画・広島県
転職後の職場製造メーカー・営業事務・広島県
最終学歴大卒
前職を辞めた理由過酷な労働環境で体力的に続けられないと思ったため
現在の職場に決めた理由大きな会社で安定しており、仕事とプライベートの両立が可能だったから
転職して失敗だと感じる点人間関係が希薄、自発的に動きづらく環境を変えられない、キャリアを積める仕事内容ではない

キャリ姉
まずは前職のお話からお伺いします。前職の業界・職種と、入社した経緯を教えてください。在職中に不満に感じていたことや困っていたこと・転職を決意した具体的な理由などもあわせてお聞かせください。
29歳女性Aさん
前職は広告代理店の企画職です。企業のテレビで流れるCMやチラシなどを見ることが幼少期から好きで憧れがありました。形がまったくないものから、企画提案をし採用をされたら実行に移し次第に形になっていく、そのようなメディアに夢を持ちマスコミ関係の企業を志望しました。

広告代理店は想像通り過酷な労働環境で家に帰れない時期があったりイベントなどで連日出張が続くなど、今後も同じような生活リズムが続くとするならば体力的に限界を迎える時がくるだろうと判断し、転職活動をすることを決めました。

キャリ姉
やはり広告代理店は激務なんですね。転職活動はどんなサービスを使ってどのように行いましたか?どれくらいの期間で内定が出たのでしょうか?
29歳女性Aさん
転職サイトとハローワークを利用しました。その時に内定が決まった企業はハローワーク経由でした。転職活動にかかった時期は2ヶ月程度です。
キャリ姉
新しい職場の業界・職種はどのようなものですか?その職場に決めた基準や理由も教えてください。
29歳女性Aさん
新しい職場は製造メーカーの営業事務です。全国展開されている企業の地元支社への配属でした。大きい会社ということもあり将来的に安定しており、職種も営業事務だったので、時間的に仕事とプライベートをめりはりをつけることができるのではないかと思い入社を決意しました。

入社後は営業さん抱える案件の補佐の仕事を任されています。業界特有のシステムを用いて行う作業で覚える内容が複雑かつ膨大で大変苦労しています。

キャリ姉
前職が激務ということで、ワークライフバランスが取れる会社を選ばれたのですね。業界特有のシステムが難しいということですが、今の職場に入って失敗したと感じる点はどんなところでしょうか?
29歳女性Aさん
人間関係が希薄な会社で、営業事務ということもあり1日中その環境に身を寄せることが非常に億劫です。女性社員の中での上下関係が激しく、男性の役職がある社員に好かれようと必死で、気を遣うことに必死なんです。

前職は営業・企画として自分が先頭をきってプロジェクトを進める立ち位置でしたが、新しい職場は仕事を与えられる待ちのポジションで、自発的なサポートができる仕事内容ではないことも不満です。また非常に保守的な会社で活発ではなく、暗い雰囲気があるため、自身が良い方向に持っていくために動こうにも動きづらい環境です。

業界特有のシステムを用いてやる作業を1日中ひたすらやっており、この企業から次に転職しようと思った時に私はアピールになる材料をひとつも身につけることができないのではないか、この業界でしか役に立たないシステムしか覚えられていないのではないかと考えるようになっています。

転職活動をはじめて次の仕事につくまでの期間、自分がどこにも採用をされないのではないかと不安な気持ちもあり、たくさんの企業をに手当たり次第応募している節がありました。本当にやりたい仕事なのか、その会社がどのような雰囲気なのか自分にあう環境なのか、もう少し冷静に判断するべきだったなと後悔しています。不安な気持ちが先行して焦って決めてしまったのが失敗だったのかなと思っています。

キャリ姉
人間関係がよくなく、スキルアップも望めない環境なのですね…。辛い状況だとは思いますが、その中でも今の職場に転職してよかった、プラスになった、ということを強いて挙げるならどんなことでしょう?あればで結構ですので教えてください。
29歳女性Aさん
残業もほとんどなく、仕事の後の予定が立てやすいことです。土日祝日は必ず休みなのでプライベートを充実させることはできています。ワークライフバランスの充実はかないました。
キャリ姉
ご自身の失敗談をふまえて、転職を考えている方に向けたアドバイスはありますか?
29歳女性Aさん
前職をやめる際に次の会社が決まっていない場合は、次の会社が決まるまで不安な時間を過ごすことになると思います。その不安の中でほんとうに自分にとって最適な企業であるのか判断が鈍ってしまう可能性があります。ですが転職活動は自分の人生にとって非常に大切なターニングポイントとなります。自分自身の人生を後悔しないように、満足いく企業に応募していくことをおすすめします。私のように焦って転職先を決めると失敗してしまう可能性があると思います。

2.飛び込み営業からITベンチャー企業の事務に転職したけれど…26歳女性・Bさん

性別女性
年齢(現在)26歳
年齢(転職時)21歳
転職前の職場通信・営業・東京都
転職後の職場IT・事務・東京都
最終学歴高卒
前職を辞めた理由拘束時間が長く、精神的・体力的にきつかった
現在の職場に決めた理由ITベンチャー企業でスキルアップしたかったから
転職して失敗だと感じる点会社の方針がすぐ変わる、業務量が多くて皆疲弊しており、会社の雰囲気も悪い

キャリ姉
まずは前職のお話からお伺いします。前職の業界・職種と、入社した経緯を教えてください。在職中に不満に感じていたことや困っていたこと・転職を決意した具体的な理由などもあわせてお聞かせください。
26歳女性Bさん
前職はネット通信販売会社で光回線の飛び込み営業の仕事をしていました。9時に都内で集まって車で2時間半かけて神奈川県内に移動して、20時まで飛び込み営業に回って都内に戻る、という感じでした。

渋滞があったり契約や対応手間取ると終電までかかります。とにかく拘束時間が長いこと、リクルートスーツにヒールのあるパンプスで田舎の山道を歩くので、精神的にも体力的にもきつかったです。春でも体調を崩しかけていたので、「夏に日影のない田舎道を黒いスーツで歩いたら倒れてしまう」と思って転職を決意しました。

キャリ姉
かなり過酷な労働環境だったんですね。在職中に転職活動をされたのですか?
26歳女性Bさん
いえ、夏前でメンタル面と体調を崩していたので、退職後休養を取りながら転職活動をしました。転職サイト2社(リクナビnextとマイナビ転職)に登録しましたが、最終的には求人情報サイトに出ていた企業のホームページから直接応募して決定しました。
キャリ姉
一度退職されてからの転職活動だったのですね。転職先はどんな会社で、どんな仕事をされていますか?
26歳女性Bさん
IT系のベンチャー企業で事務職をしています。会社規模が小さくなりますが、「会社の大きさよりも仕事内容や福利厚生を優先するべきだな」と知ることができたので、以前より興味のあったITのベンチャー企業に挑戦しました。腰を据えて働くよりも、自分のスキルを伸ばして将来的にも役立つ経験ができるところを選びました。

仕事内容はサイト制作会社の管理事務です。事務とはいっても、サイト制作の進捗管理に伴う業務全般です。お客様へのメール・電話連絡から、日程調整、ときにはサイトを作ったり簡単なコンサルティングのお仕事もしたりと、業務内容は多岐にわたります。

キャリ姉
広く括ると同じ業界でキャリアアップしたように感じますが、どのような点で転職に失敗したと感じていますか?
26歳女性Bさん
発展途上のベンチャーだとわかってはいたのですが、とにかく会社の方針が月単位で変わりまくるんです。試作を打つことは大切ですが、大元の軸からブレブレで方向転換を繰り返すことに不信感を抱いています

サイト制作の会社ですが、部署が月毎に増減を繰り返し、人事異動もとても多いです。そして部署ごとに、各部長によってやり方や指示が大きく違います。仕事量も部署ごとに大きな差があり、私がいる部はとにかく業務量が多いです。45時間はみなし残業として給与に含まれているのですが、うちの部は「給与を出しているんだから45時間は働いてもらう」と、本当にベンチャー企業なのか?と疑いたくなるようなことを言われて、本当に45時間以上残業しています。いわゆる完全なブラック企業です。もちろん残業は45時間そこそこでおさまるわけはありません。

過労で倒れるんじゃないか?というぐらい疲れきった先輩や、上司や先輩に追い込まれる同期、みんなつらそうです皆が目の前の仕事をこなすことに精一杯になっていて余裕もないので、悪口や陰口が飛び交っています。

仕事の効率化や事業拡大には、まず社員全体の幸福度を底上げするべきだと思うんですが、上の考えが古く頭打ちな会社では改善は見込めない…と落胆する日々です。

ただ、前職の飛び込み営業よりも今の仕事はデスクワークが多く、パソコンとにらめっこです。とにかく業務にひたすら取り組んでいるので、PCのスキルアップができたこと、スプレッドシートやチャットワークなどのツールを使って業務を整理できるようになったことはプラスかなと思っています。

キャリ姉
前職に続いて、新しい職場も相当激務な職場なのですね。
26歳女性Bさん
はい。ですのでまた転職を考えていますが、次の転職は絶対に失敗したくありません。今の会社にも悪い面と良い面の両方があると思います。転職を考えるときに、「一度良い面と悪い面を書き出してみる」と、頭が整理されますし、自分が求めている職場もわかります。自分の希望を整理して、新しい転職先を探したいと思います。私の失敗談が、どなたかの参考になれば嬉しいです。

3.IT企業のSEとして同業他社に転職したけれど…28歳女性・Cさん

性別女性
年齢(現在)28歳
年齢(転職時)24歳
転職前の職場IT企業・システムエンジニア(SE)・東京都
転職後の職場大手IT企業・システムエンジニア(SE)・東京都
最終学歴短大卒
前職を辞めた理由残業が多く、心身共に壊れてしまうと思ったから
現在の職場に決めた理由給与が高く、福利厚生が充実していた。残業頻度もそこまで多くないと面接で聞いたから
転職して失敗だと感じる点女性軽視の社風で正当な評価がされない、全てサービス残業

キャリ姉
システムエンジニアをされているんですね。同業他社間の転職ということですが、前職では具体的にどんな仕事をされていましたか?なぜ転職しようと思ったのでしょうか。
28歳女性Cさん
前職のIT企業は、短大に在籍していた時、合同説明会に参加することになり、魅力的な会社として印象を受けたので応募して新卒で入社しました。たくさんの男性が在籍しているIT企業でしたが同期の女性が3人いたので、そこまで心細くはなかったです。

主な仕事はJavaを使用したシステム開発とテストで、楽しく仕事を実施していました。ただ、客先常駐で働いていたので、残業がとても多くて毎月100時間の残業が発生することも少なくなかったです。

短期間ならば我慢することができたかもしれませんが、肌がボロボロになるだけではなく、身体にも生理不順などのトラブルが起きるようになりました。このままでは身体だけではなく、心も壊れてしまうと思って転職を決意しました

キャリ姉
SEは残業が多いと聞きますが、月100時間は辛いですね。在職中に転職活動をされたのですか?退職してからですか?
28歳女性Cさん
在職中に転職活動を始めましたが、あまり時間がとれず、内定をもらったのは退職後です。リクナビnextの他にマイナビ転職とエン転職で、自らシステムエンジニアの求人を探しました。またDODAの転職エージェントを利用して、非公開求人の紹介や重要書類のチェックなども実施してもらいました。最終的にはDODAの転職エージェントが紹介してくれた求人に多数応募して、3つ獲得した内定の中からIT企業を選別して転職しました。
キャリ姉
3社から内定が出たのはすごいですね。3社の中から今の職場を選んだ決め手は何でしたか?
28歳女性Cさん
前職よりも大きなIT企業で、以前よりも給料が高いだけではなく、福利厚生が充実していたので、新しい職場を決めました。また面接官の対応も良くて、私のことを即戦力として考えていることを教えてもらい、凄く嬉しかったです。残業頻度も聞いた限りではそこまで多くなく、Javaに関する案件を多く取り扱っていたので選びました。
キャリ姉
即戦力としての採用だったのですね。スキルを買われて転職したのに、失敗だったと感じてしまった理由はどんなところにあるのでしょうか?
28歳女性Cさん
私はその会社も既に辞めてしまっているのですが…。女性を軽視する傾向が強く、一生懸命頑張っても全然評価してもらうことができませんでした。面接に対応してくれた人は全然そのようなことはなく、しっかりとサポートしてくれるので嬉しかったです。しかし社長をはじめとして、管理職や上司は女性を軽く見ており、雑用や買い出しなども全て私が行わなくてはいけませんでした。私はシステムエンジニアとして仕事をしたかったのですが奴隷もしくはメイドのような扱いを受けていたので、正直転職に失敗した気持ちが強かったです。仕事内容はとても面白かったのですがこのような部分があり、どうしても転職に成功したと思えなかったです。

更に酷かったのは、面接時はそこまで残業が多くないと面接官が言っていたのですが、実際に仕事をしたところ、残業がかなり多かったです。前職よりも残業は多少少なかったですが、それでも毎月80時間ほどの残業が発生していました。また客先常駐していたIT企業が酷くて、残業を一切認めないブラックなIT企業でした。毎月80時間ほどの残業をしていたのですが残業申請をすることができなくて、全てサービス残業として仕事をしていました。1時間でも残業申請すると客先常駐先の偉い人が嫌な顔をして、私の上司に怒鳴りつける行為を行い、どうしても残業申請ができなかったです。

仕事内容的には前職とほぼ一緒で、Javaを使用したシステム開発とテストを実施していたのですが、以前の案件よりも大規模なシステムだったので、常にやりがいを感じることができ、責任感を持ちながら仕事を行えたのはよかったです。

特に違っていたのがテストで、前はシステムテストしか担当していなかったのですが総合テストなども実施しなくてはいけないので、面白かったです。以前よりも携われる仕事内容が増えて、Javaの開発をするだけではなく、色んなテストを行えたのがよかったです。お陰でシステムエンジニアとして色んな経験を積むことができ、ちょっとでも成長できたことを実感できました。

キャリ姉
月80時間のサービス残業は大問題ですね…。IT企業は忙しい会社が多い印象がありますが、そんな中でも転職に失敗しないためのコツや心構え、転職を考えているSEの方へのアドバイスなどがあれば教えてください。
28歳女性Cさん
私の転職失敗談から分かっていただけるかと思うのですが、IT企業に就職や転職を検討している人は、どんなに魅力的なIT企業でも客先常駐先の事情によって大きく変わってしまうということを覚えておくべきだと思います。

一番いいのは自社開発しているIT企業なのですが、残念ながら中々見つけることができないです。そこで応募したIT企業の給料や福利厚生を確認するだけではなく、どのような案件を取り扱っているのか確認することが必要です。また客先常駐先のIT企業も調べていき、過酷な労働環境が生み出されていないか把握しなくてはいけません。決して簡単ではありませんがじっくりと時間をかけることで、安心して働けるIT企業を見つけられます。好条件にひかれて転職すると、私のように失敗してまた転職活動をする羽目になります。

また女性はIT業界で働いている人がまだまだ少なく、軽視されやすいので、女性をしっかりとサポートしてくれるIT企業を選んだほうが絶対にいいです。

 

4.製造業に転職、人間関係と仕事内容に不満…28歳女性・Dさん

性別女性
年齢(現在)28歳
年齢(転職時)25歳
転職前の職場不動産会社・事務・山口県
転職後の職場製造会社・製造業・山口県
最終学歴専門学校卒
前職を辞めた理由仕事内容が自分に合わなかった、入社前に聞いていた内容と違う業務が多かった、残業が多かった
現在の職場に決めた理由自分に合っている仕事だと思った、月収20万以上、残業なし、福利厚生がきちんとしているという条件に合っていた
転職して失敗だと感じる点人間関係が悪い、単純作業の繰り返しで仕事にやりがいが感じられない

キャリ姉
前職に入社した経緯と、転職を決めた理由を教えてください。
28歳女性Dさん
前職は不動産会社の事務をしておりました。専門学校でパソコンの資格を多数取得したため事務に就職しました。しかし、実際働いてみると事務業務が自分に合っておらず、さらに営業的な仕事まで任されることも多々ありました。定時に帰宅出来る日はほとんどなく、毎日残業は当たり前でした。求人内容と実際に働いてみると内容が全く違うことを入社当時から不満に思っていて、上司に残業や仕事内容について相談しても改善されることが無かったので転職を決意しました。
キャリ姉
事前に聞いていたのと違ううえに自分に合わない仕事内容で、さらに残業が多いことが転職のきっかけだったのですね。転職活動はどのように行いましたか?今の職場に決めた理由なども教えてください。
28歳女性Dさん
月収が20万以上で残業が少なく福利厚生がきちんとできている会社を基準に選びました。1人暮らしを希望していたので寮つきの会社があればと探しました。職種としては、自分には事務以外にも向いている仕事があると思い、流れ作業の製造業を選んで求人を探しました。転職したのは3年前、25歳のときです。

ハローワーク、転職サイト1社に登録し、ハローワーク経由で転職しました。求人フリーペーパーなども毎日見ておりました。在職中に転職活動を始めて、3社中2社内定をいただきました。

キャリ姉
転職先の会社では具体的にどのような仕事を行っていますか?また転職に失敗したと感じる理由も教えてください。
28歳女性Dさん
新しい仕事は製造業なので流れ作業が主なものです。自転車の部品を製造する会社で、何チームかに分かれて、それぞれのチームで各部品を組み立てていくという作業です。

転職して失敗だったと感じるところは、前職は営業・事務の方が多くコミュニケーションを沢山とれる会社でしたが、転職後は人間関係があまり良くなく居心地の良くない職場であることです。人間関係は事務系の職場とは違って無口の方が多く、コミュニケーションをとることはほとんどなく個人行動が多い感じの職場です。自分から積極的に声をかけていきましたが、なかなか上手く人間関係を作ることはできませんでした。今はもうあきらめています。

そして仕事内容も毎日同じ作業の繰り返しで、特に覚えることもなく単純作業ばかりです。前職は毎日事務作業が忙しく覚えることも沢山ありやりがいのある仕事でしたが転職後は1日がとても長く感じ、やりがいの感じられない仕事ばかりです。

残業も少ないと求人を見て入社したのですが、前職と変わらず毎日のように残業があり、帰宅してから自分の時間が全くとれず、とても後悔しております。

給料は以前の職場よりも良く、有給休暇が取得しやすい点では良いところです。社宅もあり1人暮らしがしやすい制度があるのも良い点だと思います。福利厚生がしっかりしているのに残業がかなり多いので、その点がとても残念です。

キャリ姉
単純作業でやりがいがなく、残業も多い会社に入ってしまったのですね。転職を考えている方に向けて、転職に失敗しないためのアドバイスがあれば教えてください。
28歳女性Dさん
転職する際、今の職場が本当に自分に合っていないのか、不満な点があれば上司に相談し解決しないか考え、本当に解決しないのであれば転職してもいいと思います。転職後に後悔しないためにも、転職する際に求人に掲載されている情報は本当に間違いないかをきちんと確認した上で入社するべきだと思います。そうすれば転職に失敗する確率はかなり下がると思います。

 

5.小規模の会社に転職して、女性が昇進しにくい環境と人間関係に後悔…27歳女性・Eさん

性別女性
年齢(現在)27歳
年齢(転職時)24歳
転職前の職場電機メーカー・事務職・東京都
転職後の職場建設会社・事務職・東京都
最終学歴大卒
前職を辞めた理由人事としてスキルアップしたい
現在の職場に決めた理由人事の業務幅が広がりスキルアップできる
転職して失敗だと感じる点女性の社内待遇の悪さと人間関係の悪さ

キャリ姉
前職の仕事内容と、転職を決めた理由を教えてください。
27歳女性Eさん
前職は大手電機メーカーに事務職として新卒で入社しました。元々、開発系の部署を希望しておりましたが、研修後に人事部に配属されました。予想外の配属だったものの、人事の仕事を始めてみるとやりがいを感じられたので、人事としてスキルアップをしていきたいと考えるようになりました。

しかし、会社全体の社員数が多いこともあり、必然的に人事部の社員数も多かった為、自分1人が担当する業務幅の狭さに気がつきました。入社時から給与計算の業務を担当していましたが、入社して2年経っても業務内容は大して変わらず、勤続年数が長い先輩社員の様子を見ても、殆どの社員が長年同じ業務しか担当していない状態だったことに気がつき、長年ここに勤めていてもスキルアップできないのではないかと感じるようになりました。ちょうどその頃、同期だった社員が退職してから新しい会社で活躍していることを知り、私も転職しようと決意しました。

キャリ姉
人事職のスキルアップを目指しての転職だったのですね。転職活動はどのように行いましたか?今の職場に入社を決めた理由も教えてください。
27歳女性Eさん
転職サイト1社(マイナビ転職)、転職エージェント1社(dodaエージェント)を利用して、在職中の3ヶ月間で8社応募し、2社から内定をもらいました。1社はdodaエージェント経由、1社はマイナビ転職経由です。

エージェントは書類添削や面接対策などサポートが充実しており、円滑に転職活動を進めることが出来ましたが、最終的に内定をもらった2社を比較したときに、マイナビ転職経由で内定をもらった企業の方が福利厚生などの条件が良かった為、マイナビ転職経由で内定をもらった企業に決めました。

転職先として選んだのは建設会社で、以前の会社に比べて規模はとても小さくなりましたが、少数精鋭で人事の仕事を回しており、経験が少なくても採用関連や社会保険関係など、これまで人事として経験できなかったことに早くから携われることに将来性を感じて入社を決めました。また住宅手当など、以前の会社には無かった福利厚生があるのも魅力の一つでした。

キャリ姉
実際に入社して、仕事の幅は広がりましたか?
27歳女性Eさん
はい。転職先では、人事として給与計算、社会保険業務、労働基準監督署関係、新卒採用の会社説明会補助、中途採用業務、人員管理などをメインで担当しました。他にも、伝票処理や、備品管理なども行うようになり、業務幅は前社と比べて格段に広がりました
キャリ姉
キャリアアップに関しては転職は成功したとも言えますね。では、どのような点で転職に失敗したと感じていますか?具体的な失敗談を教えてください。
27歳女性Eさん
失敗と感じた理由は2点あり、1点目は女性として活躍できる将来性、2点目は人間関係です。

1点目については、スキルアップできるという面に将来性を感じて入社を決めましたが、入社してみると明らかな男性社会で女性の社内待遇は悪いと感じました。男性社員は年功序列形式である程度の勤続年数に達すれば、評価によらず自動的に役職がつき、給与もアップしていましたが、女性社員はある程度実績を上げて高い評価を連続で得られないと役職がつかず、給与も横這いの状態であることを、給与業務を担当したことから知り、とても不満を感じました。

2点目は、女性同士の人間関係です。会社自体に女性(同性)が少ない環境だったこともあり、上長から女性同士は全員でお昼を食べたりと、休憩時間の過ごし方まで強制されたことがとても窮屈に感じました。

そして、女性社員は勤続年数が長い人が多く、私以外は全員勤続10年以上とベテランで、年代も異なる社員ばかりだった為、とても気を遣い気疲れする日々を送ることになりました。また、昼食の時間も同じ部署のメンバーだけであればよかったのですが、同じフロアで働く経理部の女性社員もおり、特にその人との反りが全く合いませんでした。業務上、経理部と連携をとることもあったので、人間関係が業務に支障をきたしてしまい、とても転職を後悔しました。

一方で、先ほども言った通り、スキルアップにつながったことと、有給休暇が取得しやすくなったことは、転職して良かった点だといえます。人事の仕事は社員を相手にする仕事ですが、以前の会社は業務幅が狭いといえど全体の社員数が多い為、有給休暇を取得する余裕もありませんでしたが、転職してから自分のペースで仕事を進められる環境になり、好きな時に有給休暇を取得できるようになりました。また、仕事幅も短期間でとても広がり、人事としてのスキルアップを実感できた点がプラスだと感じます。

キャリ姉
転職に失敗しないために、ご自身の経験をふまえてのアドバイスなどがあればお願いします。
27歳女性Eさん
長く転職活動をしていると希望の軸がぶれてしまうこともあります。自分の希望が全て叶う企業はなかなか存在しないので、「絶対に譲れない条件」を自分自身の中で決めてから転職活動にのぞむことをお勧めします。企業のHPや求人内容から大体の印象はイメージできると思いますが、転職評判サイトなどを見ると実際にそこで働く人の生の声が掲載されているので、一度目を通して実際にそこで活躍できそうかイメージするためにも閲覧してみることをお勧めします。

 

6.未経験でSEとして転職を果たすも自問自答の日々…29歳女性・Fさん

性別女性
年齢(現在)29歳
年齢(転職時)27歳
転職前の職場建設業・事務・鹿児島県
転職後の職場ソフト開発・システムエンジニア・鹿児島県
最終学歴短大卒
前職を辞めた理由業績悪化、会社への不信感、スキルアップできない
現在の職場に決めた理由未経験でも採用してくれた、休日日数や給与がアップした
転職して失敗だと感じる点教育体制がない、社内の雰囲気が悪い、残業が多く拘束時間が長い

キャリ姉
前職はどのような仕事をされていましたか?転職を決めた理由も教えてください。
29歳女性Fさん
短大卒業後に就職しましたが、地元にUターンして転職しました。建設業の事務職です。Uターンのため前職より給料は安くなりましたが休みが増えたことや仕事内容が自分に合っていたため数年務めていました。しかし、業績が悪化し、経営者たちの仲間割れが起こり社内の空気が悪くなったことや、経理面で不正なのでは?と疑う処理をしていて、会社のことが信用できなくなり、一刻も早く辞めなくてはという気持ちが強くなりました。また、携われる仕事内容から自分のスキルアップに繋がるような経験はこの会社にいてもできないと感じました。
キャリ姉
会社に不信感を抱いてしまうと続けていくのはなかなか難しいですよね。転職活動はどのように行いましたか?次の会社に決めた理由も教えてください。
29歳女性Fさん
転職サイト(リクナビnext)に登録したり、まずはネットで求人情報を集めました。在職中に就職活動を行い、求人が出た直後に直接応募した会社に内定を頂き、1ヶ月程度で決める事ができました。

次の職場はソフト開発会社のシステムエンジニアで、小規模な会社ではありましたが、未経験ながら採用してくださったこと休日数も給与も前職より良くなった事などから決めました。あとは、前職をとにかく早く辞めたいと焦っていた部分もあり、一社目で内定を頂いたのでもう決めてしまおうと思いました。今考えるとこれが転職失敗の一番の原因だったと思いますが…。

キャリ姉
早く転職先を決めたい気持ちが先行してしまったのですね。SE未経験で採用されて、働いてみていかがでしたか?具体的な転職の失敗談をお聞かせください。
29歳女性Fさん
未経験でも採用をしてもらえたのは応募してくる経験者がいないから、未経験者でも入れないと仕方がない、というような理由だったことが入社してから分かりました。

未経験だったので、まずはプロジェクトのアシスタント的な業務としてエクセルで仕様書の変更や、簡単なコードを書いたり。あとは大半の時間は自習でプログラミングの勉強をしていました。小規模な会社で、教育体制などは整っておらず、独学で分からないところは聞いて…という感じでした。聞けば教えてもらえるのですが、分からないことがわからない状態で、全くの未経験からOJTだけで仕事を身に着けていくには自分に相当のやる気と覚悟がないと無理だ…!という事を感じていました。聞かないと教えない、1回しか教えないぞ、など厳しい事を言われたりもして、自分が本当にこの仕事をやりたいのか?続けられるのかと自問自答する日々でした。

事務所内はシーンとした中で黙々と作業するという環境で、数少ない同僚とは年がかなり離れておりコミュニケーションを上手く取ることができませんでした。また、社外の人と関わる機会もほとんどありませんでした。前職より拘束時間も長くなり、家に帰ってから好きなことをできる時間も減ってしまいました。

また、人数が少ないため有給も取りにくそうな雰囲気や、後々休日出勤も発生する可能性があることなどもあり、続けていけるだろうか…?と悶々と考える日々が続き、結局短期間での退職に至ってしまいました。

キャリ姉
過酷な職場でしたね。短期間で退職されたということですが、その会社で何か得たものはありましたか?
29歳女性Fさん
給料は以前より上がったこと、お茶汲みの業務がなくなったことはよかったです。あとは、自分の職業観について改めて考えるきっかけにはなりました。仕事には向き不向きがあるということ、焦って就活や転職活動をするのは良くないということなど、学びはたくさんありました。
キャリ姉
ご自身の失敗をふまえて、転職を考えている方にアドバイスがあればお願いします。
29歳女性Fさん
今いる環境があまりにも酷く、今すぐ辞めないとダメだ!と焦っている方もいるかもしれません。そんな時は、もし可能なら思い切って先に仕事を辞めてしまうのもありだと思います。焦って転職先を決めてしまうと、私のように失敗して短期間で退職…ということになりかねません。精神的に余裕のある状況で、ゆっくり自己分析や企業研究を行い、転職活動ができる環境をまず整えることが大事だと思います。

 

7.社労士として転職した先はワンマン経営のトップダウン体質…29歳女性・Gさん

性別女性
年齢(現在)29歳
年齢(転職時)25歳
転職前の職場証券会社・営業・愛媛
転職後の職場社会保険労務士・開拓営業・鳥取県
最終学歴大卒
前職を辞めた理由リストラの不安、契約社員と正社員の待遇差に不満
現在の職場に決めた理由社労士として働ける職場、通勤がしやすい
転職して失敗だと感じる点ワンマン経営でトップダウン体質、会社の将来性が不安

キャリ姉
前職はどのような仕事をしていましたか?転職を決めた理由も教えてください。
29歳女性Gさん
前職に入社した経緯としては、当時志望していた公務員になれなかった事で仕方なしに証券会社の営業に契約社員で入社したというのがありました。そのために目標を達成できなかったらいつ会社を去る事になるかもわからないという恐怖を感じながらずっと働いていたというのがありました。また、私は契約社員だったのですが、仕事は同じでも正社員とはまるで違った報酬額にも大きな不満がありました。それでもっとやりがいを感じられる仕事をやりたいと思うよになって転職を決意しました。
キャリ姉
証券会社はノルマが厳しいとよく聞きますね。転職活動はどのように行いましたか?新しい職場を選んだ決め手などもお聞かせください。
29歳女性Gさん
転職活動の方法ですが、私は故郷がある場所で転職したいと思ったので、故郷の求人が多くあるハローワークや社会保険労務士として働ける場所がないか自分で問い合わせたりして働ける場所を探しました。

社会保険労務士という弱い立場にある労働者を守る仕事に就きたいという気持ちがあったので、私の地元で社会保険労務士として働ける場所を探していて、通勤のしやすさなども考慮した上で新しい職場を選びました。

キャリ姉
社労士として活躍できる勤務先が見つかったのですね。それでも転職して失敗だったと感じる理由はどんなところにあるのでしょうか?
29歳女性Gさん
転職先の業務内容は、顧問先の企業のコンサルをやったり給料計算をしたり労働社会保険の手続きや各種相談業務です。

新しい職場に転職して失敗したと思ったのはワンマン経営をしているような職場でトップダウンでものごとが決まってしまう点でした。そのため経営判断を間違っていても誰もそのことに意見できない空気があったので将来性をあまり感じないというのがありました。今はまだそれでもなんとかやっていけるかもしれないですが、ワンマンな体質は徐々に不満が溜まっていく傾向にあるのでここに転職したのは失敗だったと思いました。

実際にここは新しい事務職を雇っても1年くらいですぐに辞めてしまう人も多いので、そういうのを見ているとかなり不安を感じました。通常社労士事務所の事務職を1年程度で辞めるというのはあまり頻繁には起きないことだと思います。ですが、私が転職した職場は古い考えのトップダウンの経営をしているせいで働き方も最近の若い人が嫌うような事をやっているので、それで古株と新しく入った社員とで意見の対立があったりしてかなり息苦しいと感じたというのはありました。実際世間では休んでいるような時期も普通に仕事をやるような職場で、休日数も労働基準法ギリギリのラインでやっているのもかなり不満でした。ここに転職して社会保険労務士の業務内容や人との付き合い方が分かったのは良かったですが、こんな事をやっているような会社に転職したのは失敗だったと思いました。

キャリ姉
ワンマン経営かつ古い体質の会社に入ってしまったのですね。転職に失敗しないためのアドバイスなどがあればお願いします。
29歳女性Gさん
転職をしようと思っている人は、なぜ自分が転職しないといけないかをしっかり考えるのが大事だと思います。安易に今の会社が嫌だからというだけで転職を考えても良い事はないです。なぜ転職しなければいけないのか、ちゃんとした理由を自分で言えるようになってから初めて転職を考えないと、失敗して結局また辞める事になりかねないです。

 

8.憧れの映像制作会社に転職したけれど、人間関係が最悪…26歳女性・Hさん

性別女性
年齢(現在)26歳
年齢(転職時)25歳
転職前の職場IT会社・事務職・東京都(派遣社員)
転職後の職場映像制作会社・映像ディレクター・東京都
最終学歴大卒
前職を辞めた理由スキルアップできない
現在の職場に決めた理由興味があった映像制作の仕事で、友人からの紹介であったため
転職して失敗だと感じる点社長の人間性に不信感、友人の紹介のため意見が言いづらい環境

キャリ姉
以前の仕事内容と、転職を決めた理由を教えてください。
29歳女性Hさん
前々職がホテル内の宴会や婚礼における音響・照明・映像の技術職でした。ホテル内のため休みが不定期で、朝早くから遅くまで、残業が月60時間を超えることもあり、体力的にきつかったため、転職を決意し、前職に転職いたしました。

前職は無期雇用派遣で大手IT会社の事務職でした。大手の会社だけあり、派遣の人数がとても多かったせいか、仕事が限定されており、時期によっては出勤しても仕事が全くない日が続きました。自分のスキルアップのためにはここに居続けてはダメだ、と思い、転職を決意いたしました。

キャリ姉
スキルアップ目的の転職だったのですね。転職活動はどのように行ったのでしょうか?
29歳女性Hさん
最初は転職サイト(リクナビ・マイナビ)を見ておりました。転職先を探している時にたまたま友人の彼氏の会社に人手が欲しいと言われ、また自分の興味のあった映像の仕事であったため、友人の紹介でそちらに転職することにしました。

その会社に決めたのは、以前から興味があった映像制作会社であったこと。小さい時からの友人の勧めてあったから。映像制作の技術を身につけることができるので、自分のスキルアップにつながると感じたから。給料が前職より高かったから。スタートアップの会社だったので、事務処理や営業など、様々な仕事ができると思ったから。などです。

仕事内容としては、映像制作会社でしたので、映像制作における先方との打ち合わせ、映像の企画・ご提案、映像編集作業を基本的にはおこなっておりました。そのほか、営業先のリストアップ、営業メール送信、事務作業もしておりました。映像編集の技術が身についたことや、画像編集技術を学べたことはよかったです。自分だけで習得するのは大変であったと思うので。

キャリ姉
希望の仕事に就けたにもかかわらず、転職に失敗してしまったのですね。理由をお聞かせください。
29歳女性Hさん
失敗であったのは人間関係です。社長が友人の彼氏であったため、友人から「怒らせると怖い」という話を聞いていたので、気を使うことが多く、自分の考えや意見をだんだん言えなくなっておりました。また、社長は営業の際、従業員は私と2人しかいないのに、営業に不利になると考えたのか「従業員は10人」と嘘をついたり、もらえるお金が少ない仕事に対して明らかな手抜きを行ったりなど、度重なる不信感から社長のことを全く尊敬できなくなり、会社のために何か頑張ろう、という気持ちが全くなくなってしまいました

そんな中、私自身が彼氏にプロポーズされ、結婚することになり、その旨を社長に伝えたところ「転職したばかりなのに結婚するのはおかしい」「社会人としてありえない」など言われ、入籍を遅らせなければならなくなりました。そして最後には、突然メールにて「〇〇(私の名前)はここではなく、別の会社に行った方がいい」と、退職をほのめかすようなことを言われ、最後は言い争いになり、退職いたしました。

友人の彼氏ということで気をつかってしまい、疑問に思ったことや社長の仕事に対する態度などを伝えられず全てため込んでしまったのが原因でした。友人の紹介の仕事は二度としないと心に誓いました。
ちなみに、友人とは完全に疎遠になりました。

キャリ姉
人からの紹介による転職はリスクもありますね。転職を考えている方にアドバイスはありますか?やはり人の紹介による転職はおすすめできませんか?
29歳女性Hさん
人からの紹介は本当にリスクが高いと思います。私の転職失敗談からわかるように、どんなに小さいころから知っている友人であろうと、転職先を選ぶときには、友人のことは考えず自分で決めることが大事だと思います。入社後、働くのは自分です。周りの意見に左右されず、時間をかけてでもいいので、自分の意思で決めてください。そして、少しでもおかしい、嫌だと思ったら勇気を出して違う環境へ行くのも大切です。自分の意思で自分の力で、納得いく仕事を探してください。