年収200万アップ・未経験職種へ転身など「転職成功事例」多数!

ハタラクティブ ハタラクティブ マイナビジョブ20's マイナビジョブ20's リクらく リクらく

1.ベンチャー企業へは転職サイト選びが重要!

ベンチャー企業の人気は非常に高くなっています。「裁量権を持って仕事したい」「20代や第二新卒など若いうちに年収を上げたい」「経営者の近くで仕事がしたい」など、ベンチャー企業を目指している人の理由は様々です。ただ、成長性があるのか、自分の経験やスキルは活かせるのか、利益を出しているのかなど、検討材料が多く、ベンチャー企業選びは難しいです。せっかくベンチャー企業に転職するなら、今までのキャリア、持てる力をしっかり発揮したいですよね。そこで、今回はベンチャー企業への転職する際に、おすすめできる転職サイト・転職エージェントをご紹介します。ここでは「ベンチャー企業の求人数」「特徴」を切り口に、おすすめの転職サイトをピックアップしました。すべて20代・第二新卒でも利用可能です。

2.ベンチャー企業向け転職サイト・転職エージェント一覧

転職サイト公開求人数特徴
プロコミット非公開・有名ベンチャー、メガベンチャーの求人が多数
・ベンチャー企業と強いパイプ&内定率の高さに定評
・優秀なコンサルタントが転職をフルサポート
・20代や第二新卒など若手人材からも人気
startup106件・ベンチャー企業特化の転職サイト
・創立者のインタビューが詳細
・求人の質が良い&求人の情報量に定評
・20代の利用者が増加中
DRIVEキャリア622件・ソーシャルセクター系のベンチャー求人が充実
・社会貢献性の高い企業求人が多く、地方求人も豊富
・企業へ直接応募でき、手間を省ける
アマテラス非公開・明確な企業理念のもと、運営されているベンチャー特化の転職サイト
・成長ポテンシャルある優良ベンチャーの求人のみを取り扱う
・少数精鋭でサイト運営&転職サポートは非常に手厚い
Goodfind非公開・ベンチャー企業の多彩な求人を取り扱う
・厳選された企業とのみ取引&マッチング精度の高さに定評
・提案力・交渉力に強み、スムーズな転職活動を進められる
Wantedly46259件・採用企業と求職者を繋ぐ「ビジネスSNS」
・エンジニア、デザイナー、営業、マーケターなど求人が多彩
・企業プロフィールや企業情報が充実
・第二新卒などのキャリアチェンジにも対応

startup、Goodfind:チェックなしで求人検索
Wantedly:サイトに登録の上、チェックなしで求人検索
ベンチャー企業特化の転職サイト・転職エージェントは、それぞれのサイトで特徴や強みが明確に異なります。どのようなベンチャー企業を目指しているのか、どういった経験・スキルを活かしたいかによって、利用するべき転職サイト・転職エージェントも異なります。そこで、以下で各転職サイトの詳細をご紹介するので、どの転職サイト・転職エージェントが自分に最適なのか決めてみていきましょう。

プロコミット
プロコミットは有名ベンチャー企業やメガベンチャー企業の求人を豊富に取り扱う、ベンチャー企業特化の転職サイトです。例えば、LINEやメルカリ、JiNS、UUUMなどと取引しており、転職実績も豊富にあります。プロコミットは「日本に意味のある企業を創る」という経営理念を持ち、成長性のあるベンチャー企業の採用サポートを行なっています。また、ベンチャー企業に特化していることもあり、各ベンチャー企業と強いパイプを持っています。加えて、企業の経営課題や経営ビジョンまで丁寧にヒアリングして求人を作成しているため、求人の情報量が多く、見えにくいベンチャー企業を「見える化」してくれると言えます。そして、プロコミットにはベンチャー企業出身、人材系出身の経験豊富なコンサルタントが多数在籍しており、手厚い転職サポートを受けることができます。中でも、企業の求める人材像と求職者の経験・スキル、企業の経営ビジョンと求職者のキャリアビジョンなどマッチング精度が非常に高いです。そのため、ベンチャーを目指すなら外したくない転職サイトです。
startup
startupは、ベンチャーキャピタル事業や独立支援などを展開しているPE&HR株式会社が運営する、スタートアップ、ベンチャー専門の転職サイトです。startupの取り扱う求人は、IT企業や人材系、医療系、Web系など非常に多岐に渡ります。また、求人内容には、どのようなミッションを任されるのか、求められるスキル・志向性、企業の方針が詳細に載っているので、求人選択における情報が非常に良質です。加えて、求人には創立者のコメントやプロフィールが詳細に載っているので、どのような創立者か詳細に知ることができます。そして、経験豊富なコンサルタントが、転職サポートをしてくれるので、安心して転職活動を進めることができます。コンサルタント自らが採用枠のあるベンチャー企業に、求人内容のヒアリングを行っているので、求人紹介を受ける際に、企業情報を詳細に聞くことができます。加えて、求職者の「やりたいこと」「目指すもの」などもしっかりヒアリングしてくれるので、精度高く求人紹介してくれます。ただ、首都圏や関西エリアの求人のみの取り扱いになるので、地方で転職を考えている人は、不向きな転職サイトでしょう。一方で、首都圏・関西エリアで転職を考えているなら、外したくない転職サイトです。
DRIVEキャリア
DRIVEキャリアは、NPO法人であるEITECが運営する転職サイトです。NPO法人が運営していることからも、ソーシャルセクター系のベンチャー企業求人を多く取り扱っています。つまり、地方創生や第一次産業の興業、教育サポートなど、社会貢献を目的としたベンチャー企業との取引が多いというわけです。その他にも、ITや教育、福祉など、一般的なベンチャー企業の求人も豊富に保有しており、希望にマッチする求人を見つけやすいでしょう。「やりがい重視」「仕事内容重視」「社会貢献したい」などであれば、DRIVEキャリアは利用するべきです。地方の求人も充実しています。ただ、高年収を目指している方、ビジネス志向の強い方は不向きな転職サイトだと言えます。特に高年収の求人は少なく、ミスマッチが起きる可能性があるでしょう。それでも少しでも気になれば、一度求人検索してみるのがおすすめです。エージェントサービスはなく、企業へ直接応募できるサイトなので、どのような求人があるのか、気軽に利用してみるのが良いでしょう。
アマテラス
アマテラスは優良ベンチャー企業の求人を豊富に取り扱う転職サイトです。「日本からGoogle・Facebookを100社創出する」という企業理念を掲げ、ベンチャー企業とベンチャー企業を目指す求職者を徹底的にサポートしています。アマテラス自体も創立9年と若い企業で、従業員数11名と少数精鋭で運営しています。アマテラスの最大の特徴は、「成長ポテンシャル」「50名以下のシード・アーリーからシリーズAまでの企業」「CEO直下のコアポジション」を基準に、取引する企業を厳選しており、求人審査通過率は驚異の15%ということでしょう。通常の転職サイトであれば、掲載できる求人は掲載するというスタンスですが、アマテラスのこだわりは非常に強いと言えます。選りすぐりの求人のみを取り扱っているため、利用者満足度も非常に高く、経験・スキルを活かせる企業に出会える可能性が非常に高いです。また、アマテラスでは、優秀なコンサルタントが在籍しているため、精度の高い求人紹介、面接対策、書類添削など手厚いサポートを受けることができます。そして、キャリアやスキルのみではなく、社長との相性や企業風土とのマッチ確度まで詳細に考え、求人紹介してくれるので、ミスマッチのない転職に期待ができます。ベンチャー企業へ熱い思いがある、成し遂げたいことがある、経験・スキルを十分に活かしたいと考えるなら利用したい転職サイトです。
Goodfind
Goodfindは地方創生系、ベンチャーキャピタル、医療・ヘルスケア、教育の求人を多数取り扱っている、ベンチャー企業特化の転職サイトです。新卒採用専門の転職サイトをメインに運営していることからも、20代若手の転職サポートを得意としています。Goodfindは「マーケットの将来性」「事業ポジション、競合優位性」「経営チームのメンバー、カルチャー」の3拍子が揃っている求人のみを取り扱っており、利用することで有望なベンチャーに転職できる可能性が高まります。経験豊富なコンサルタントが多数在籍していることで、厳しい選考基準で求人を厳選できていると言えます。そして、Goodfindはコンサルタントが自ら企業に出向き、求人ヒアリングをしているので、求人紹介の際には、求人企業の経営戦略や事業計画、採用計画などを詳細に聞くことができます。両面コンサルだからこそ、提案力、交渉力が強く、非常に頼り甲斐があると言えます。ベンチャー企業を目指すなら、是非利用したい転職サイトです。
Wantedly
Wantedlyは採用会社と求職者を繋ぐ「ビジネスSNS」です。ベンチャー企業専門の転職サイトではありませんが、多くのベンチャー企業がWantedlyを活用しており、豊富な求人が掲載されています。Wantedly最大の特徴は、「企業と求職者が相互にコンタクトできる」という点です。通常の転職サイトと同じく、企業の求人を閲覧し、応募することができることに加え、企業からスカウトメールを受けることができます。そのため、思いもよらない企業からスカウトをもらうこともできます。また、「応募(エントリー)」のみではなく、「話を聞きに行く」というコンタクト方法も用意されており、「この企業に興味を持っているけど、応募するか迷う」という時に、非常に役立ちます。そして、SNSという形式を取っているので、企業の公開プロフィールが非常に充実しています。ベンチャー企業であれば、社員全員の自己プロフィールを見られることも少なくありません。20代、30代の利用者が約8割で、エンジニアやデザイナー、営業職、マーケターなど多彩な求人を掲載しているWantedlyですが、ベンチャーを目指しているなら、利用したい転職サイトです。ただ、エージェントサービスがなく、企業に直接応募になるので、転職相談はしておきたいと思うなら、他の転職サイトと並行して利用するのが良いでしょう。

ベンチャー企業は多彩だからこそ・・・

ここまで、おすすめのベンチャー企業特化の転職サイト・転職エージェントをご紹介してきました。近年、ベンチャー企業は非常に多く立ち上がっています。ただ、成長できないまま倒産してしまう企業も少なくありません。既存事業を拡大する方針のベンチャーなのか、今までにないサービスを展開するベンチャーなのかでも、安定性や成長性はかなり違ってきます。せっかくベンチャー企業に転職するなら、成長ポテンシャルを十分に持っている企業を狙いたいでしょう。そのためには、転職サイト・転職エージェント選びが重要だというわけです。自分にマッチする転職サイト・転職エージェントを改めて考え、よりよい転職活動にしていきましょう!