年収200万アップ・未経験職種へ転身など「転職成功事例」多数!

ハタラクティブ ハタラクティブ マイナビジョブ20's マイナビジョブ20's リクらく リクらく

1.20代・第二新卒で2回の転職を経験!女性SEの体験談

20代で転職回数2回の女性SE・Aさん
性別女性
現在の年齢27歳
転職時の年齢25歳
転職時期2018年7月
転職前の業界・職種・都道府県IT業界・システムエンジニア(東京都)
転職後の業界・職種・都道府県IT業界・システムエンジニア(東京都)
最終学歴四大卒

キャリ姉
20代前半で転職を2回経験していて、今の会社は3社目ということですね。まずは1社目に入社した経緯、担当していた業務内容、そちらを辞めた理由を教えてください。
20代で転職回数2回の女性SE・Aさん
新卒で入社した1社目の企業は、IT系ではなく小売業で、私は販売業務に就いていました。主な業務は接客、発注業務、棚卸し、レジの開局閉局作業等です。販売担当は主にテレビ、レコーダーがメインでしたが、時と場合によっては冷蔵庫、洗濯機、エアコンやインターネット契約等の接客業務につくこともありました。お客様にお気に召していただけると2回目ご来店の際にご指名をいただける場合も多々ありました。
1回目の転職をしたきっかけは、会社が俗にいう「ブラック企業」であったためです。自身のことなら良いことも悪いこともプライベートを含め全て全社員にさらけ出さすという社風が存在しました。プライベートについては家庭問題についても暴かれて全社員に見える形で伝わります。また、パワハラの被害にも遭いました。あとは学生時代の就職活動においてIT開発業務にも興味があったため、社会人になってからもやはり諦め切れなかったというのが背景にあります。そして新卒1年目の22歳の時に、小売業からIT業界という異業種の転職をしました。
キャリ姉
新卒入社の企業は早期で退職して、IT業界に転職されたんですね。2社目で携わっていた仕事内容と、転職を決めた理由も教えてください。
20代で転職回数2回の女性SE・Aさん
2社目のIT企業では、主な仕事内容としては要件定義、基本設計、詳細設計、実装、単体テスト、結合テストを行っていました。転職を決めた理由は、BtoCの開発に携わりたかったのと、私が得意としている開発言語を使用してでの案件が存在しなかったためです。システムエンジニアとして自分がやりたいこととのズレが大きくなり、25歳の時に他のIT企業に転職しました。
キャリ姉
転職活動はどのように行いましたか?システムエンジニアに特化した転職サイトなどを使いましたか?
20代で転職回数2回の女性SE・Aさん
転職サイト1つ(マイナビ)、エージェント2つ(マイナビエージェント、エンジニア専門のレバテックキャリア)を使用していました。1回目は1週間以内、2回目は1ヶ月以内で転職先が決まりました。10社程一気に応募を行い書類選考を通過した企業を片っ端から受けていく方法を取りました。1回目は1社、2回目は2社から内定をいただきました。
キャリ姉
現在の職場ではどのような業務を行っていますか?
20代で転職回数2回の女性SE・Aさん
転職先の企業の業務内容は、前職も現職のIT企業も要件定義、基本設計、詳細設計、実装、単体テスト、結合テスト、総合テスト、受入、導入、追加開発、保守等を行っています。1回目はSES勤務、2回目は社内勤務と違いはあります。私はその中でSEとして要件定義、基本設計、詳細設計、実装、単体テスト、結合テスト、総合テスト、受入、導入、追加開発、仕様決め、社内リソース管理、ベンダー管理を行っています。
お客様と打ち合わせを行い要件確認や仕様決めを行い設計者を起こし、社内リソースをどのように割り当てて進めていくかも考えて業務遂行を行ってぃす。またベンダーに対しての指示出しやWBS管理、納品物の確認作業も行いお客様へ納品をし、査収をいただきます。
キャリ姉
SEとして同業他社間の転職をしてみて「成功だった」と思えるのはどんな点ですか?今は希望の仕事ができていますか?
20代で転職回数2回の女性SE・Aさん
同じIT業界での転職でしたが、今の会社は腰を据えて新たな環境でチャレンジを行えるところや、いろんな社員がいるため学ぶことが多い点、やりたいことがやれる点、給料が上がった点が成功だったと思います。自分が今まで経験してこなかった業務を、環境が整っている場所で落ち着いて行えるようになったのは、自身のSEとしての成長を考えた場合、一番大きい成果だと思っています。システムエンジニア職は経験がモノを言う職だと言われています。そのため、下流工程にあたる実装、単体テスト、結合テスト導入だけでなく上流工程を行えたり、慣れてきたらお客様と要件確認や仕様決めを行える機会を与えていただいたり、ベンダー管理や社内リソース管理を任せていただけるようにもなっています。
開発言語についても転職時に確認を行なっているためミスマッチが起こるということはありませんでした。また、案件が変わるごとに人も当然ながら変わるため、その先々で自分に持っていない知識を持っている方が多くいらっしゃるため、その人から学び、知識を盗み自分のものにしていくという機会も多いように感じます。あとは給料面については、今まで在籍していた企業では自分の経験に基づいた相応の額をいただいていなかったということもあり、転職時には企業から評価していただき相応の額をいただけました
キャリ姉
20代で2回の転職を経験されていますが、転職回数がネックになったことはありましたか?1回目と2回目の転職活動で違いを感じたことがあれば教えてください。
20代で転職回数2回の女性SE・Aさん
私が最初に転職したのは社会人として働き始めて半年後でしたので、もちろん転職が早すぎるのではないか、転職活動を始めても内定をいただけないのではないかという不安はありました。ですが調べていくうちにまず、社会人年数が短かったため第二新卒枠が存在する点、自己PRは学生の経験を使用しても構わないと分かってからは気が楽でした。
2回目については25歳でギリギリ第二新卒でしたが、少ないとはいえ社会人として経験を積んできたため自己PRは社会人経験の内容にしました。SEの実務経験も多少なりともあったのでそれもアピールしました。そして、転職活動を行って、これは一番重要だと思ったのは転職理由です。これが前向きかつはっきりしているかで内定がもらえる、もらえないが分かれたように思えたのでしっかりと準備をして転職活動に臨みました。20代前半で転職回数2回というのは確かに不安でしたが、前向きな転職理由を準備することで乗り越えることができたと思います。
キャリ姉
20代で転職を考えている方、特に20代前半の第二新卒で転職回数が多い方に向けてアドバイスをお願いします。
20代で転職回数2回の女性SE・Aさん
20代の転職は色々と不安に思うことが多いと思いますが、自身のポテンシャルや将来のことを考えて現職が苦になったら転職活動を行うことは寧ろ良いことだと思います。ストレス社会の世の中ですので無理がたたって身体を壊しかねません。そうなる前に、20代の早い時期に転職をするのは悪いことではないと思います。
ですが、転職活動を行うときは転職理由はしっかりと練りましょうマイナスな考えではなくプラスな考えを押し出した転職理由を考えてください。転職理由がはっきりとしていれば内定がかなり通りやすくなります。あとはリラックスしながら面接を受ければ内定は頂けます。頑張ってください。

2.IT派遣会社のSEからシステム開発のSEへ!

20代で転職回数2回の女性SE・Tさん
性別女性
現在の年齢29歳
転職時の年齢27歳
転職時期2017年4月
転職前の業界・職種・都道府県IT業界の派遣会社のSE(東京都)
転職後の業界・職種・都道府県IT業界のシステム開発会社のSE(大阪府)
最終学歴大学院卒
キャリ姉
SEとして2回転職されているんですね。まずは1社目に入社した経緯や仕事内容、転職した理由を教えてください。
20代で転職回数2回の女性SE・Tさん
前職場に就職する前は、同じIT業界の派遣会社に新卒で就職しました。大学院ではプログラムの研究をしていたため、その会社にもプログラマー志望で入社しましたが、実際にやらされたのはデスクワークで一切パソコンを使った業務をやらせてもらえませんでした。また、転勤は無いと聞いており、そこも確認した上で入社したにも関わらず、同期入社の人が転勤させられました。他にも1年たった昇給の際、転勤させられた同期の話を聞くと、上司の人が「今年のお前らは給料上げない!」と宣言し、実際に給料を上げてもらえなかったそうです。(自分も含めて他の同期の人は昇給しておりました)転勤させられても頑張っていた同期の人が給料を上げてもらえないのはおかしい。自分もデスクワークでこのまま続けていくのはあほらしい、と考え、別の会社に転職しようと思いました
キャリ姉
2社目の仕事内容はどんなものでしたか?こちらを辞めた理由も教えてください。
20代で転職回数2回の女性SE・Tさん
前の職場に就職する際、面談ではアットホームな雰囲気と聞いておりました。(社長に面談していただきました)ですが、実際に入社すると、社員の方はほとんどしゃべらず、しゃべっているのはほぼ社長だけという状況で、そこに少し違和感を覚えておりました。仕事自体はプログラミングをやっておりましたが、ほかの社員の方に聞きづらい雰囲気が少しあり、ほぼ独学でこなしておりました。また、給料についても、残業代は出ないが残業自体は少ないというお話でしたが、実際はそこそこ残業が多く、月に20時間は必ず残業しておりました。(残業代はもちろんでなかったです)もともとの給料が高くなかったので少し割に合わないなと思っておりました。上記の理由から転職しようと考えました。
キャリ姉
転職活動はどのように行いましたか?
20代で転職回数2回の女性SE・Tさん
転職サイト1社(リクナビnext)、転職エージェント1社(ワークポート)の合計2社に登録し、パソナキャリア経由で転職しました。在職中に転職活動を始めて、5社に応募し、3社から内定をいただきました。(内定を頂けなかった2社のうち、1社は転勤あり、1社は担当の方に聞いていた残業時間と大きく乖離していた)担当の方には迅速な対応をしていただき、転職活動自体は2か月で終わりました。
キャリ姉
そして現在はIT企業のSEということですが、業務内容を詳しく教えてください。
20代で転職回数2回の女性SE・Tさん
IT業界のシステム開発会社で、受託開発を行っております。お客様からどういったシステムが欲しいかをヒアリングし、要望に沿ったシステムを提案、製造を行い、提供するといったことを行っております。その中で自分はチームリーダーとして、お客様の会社に出向き、お客様からの要望を聞いて参ります。その後、社内に持ち帰り、チームメンバーとどういったシステムであれば、お客様の要望にこたえられるかをディスカッションし、資料を作成。お客様に資料を見てもらい、OKが頂けたら、システムの開発を始めます。メンバーの作業指示を行うなどのスケジュール管理と、プログラミングを行い、システム完成後、お客様にシステムを引き渡したのち、システムの保守、運用を行うといった業務をしております。
キャリ姉
リーダーとして責任あるポジションを任されているんですね。新しい職場に転職して良かったと思うのはどんなところですか?
20代で転職回数2回の女性SE・Tさん
新しい職場が転職前と比べ良い点は、同じチーム内に20代~30代の年代の近い人が多く、なんでも気軽に話せるところです。また、前職では、みんながほとんど会話せずに仕事をしていたため、実務で困っていても気軽に相談をすることはできませんでした。今は社内でラジオが流れており、明るい雰囲気の中で仕事ができております。
給与面については、もともと前職より高く、最低でも同じ金額は欲しいと考えておりました。実際に就職すると、前職に比べて2万円以上アップしたため、非常に満足しております。また、残業に関しては、業界的にどうしても発生はするため、できるだけ少ない、且つ、残業代が全額出るところで考えておりました。現在の会社は残業時間の平均こそ20時間ぐらいですが、残業代がしっかり出るため、非常に満足しております。
そのほかに、福利厚生として、年間休日が120日以上であること。年末年始・GW・お盆休みにしっかりと休むことができること。休日出勤がないこと。有休休暇が気軽に取得できること。ちょっと病院に行ってから出勤したい時などに、1時間から時間有給が取得できること。育児休暇が女性も男性もとれているところなど、かなりいろいろ社員の待遇に配慮してくれる会社で、転職は大成功だったと思っております。
キャリ姉
20代で転職活動を体験してみて不利に感じたことや、転職回数が理由で困ったことなどはありましたか?
20代で転職回数2回の女性SE・Tさん
20代の転職で不利に感じたことはありません。むしろチャンスだと思っておりました。今は少子化が進み、年齢が若い人材を確保したい会社が多いと思います。なので、転職活動する際は、会社より面接を受ける側の方が有利だと思います。20代で2回という転職回数は不利になるかもしれないという不安はありましたが、特に影響はなかったと思います。
面談の時は、自分のいいところやスキルなどをバシバシ相手に伝えることが大事。転職する際、これまでの経験や実績はもうどうすることもできません。どうにかできる部分があるとすれば、とにかく自分を少しでもよく見せること。と思い、ネガティブよりはポジティブに行こうと常に考えておりました。
キャリ姉
転職を考えている20代の方、転職回数が多くて悩んでいる方にアドバイスはありますか?
20代で転職回数2回の女性SE・Tさん
転職は20代で2回経験しておりますが、転職する際は必ず、自分が満足しているところ、不満なところを明確にすることをおすすめします。明確にした上で、妥協できる不満と、妥協できない不満を分けてみましょう。多分、すべての不満が解決する会社はそうそうないと思います。であれば、自分が妥協できない不満だけは必ず解決できる会社を探す必要があります。そこで、転職サイトや転職エージェントを使い、自分の妥協できない不満部分を満足に変えるにはどうしたらいいのか、相談してみましょう。そうすることで、最低限失敗することはありません。どうせ転職するなら成功させましょう。がんばってください!