年収200万アップ・未経験職種へ転身など「転職成功事例」多数!

ハタラクティブ ハタラクティブ マイナビジョブ20's マイナビジョブ20's リクらく リクらく

転職理由は業務の進め方や人間関係や労働環境!20代幼稚園教諭の転職実話

20代で転職した幼稚園教諭Dさん
性別女性
現在の年齢24歳
転職時の年齢22歳
転職時期2017年4月
転職前の業界・職種・都道府県教育・幼稚園教諭(宮城県)
転職後の業界・職種・都道府県教育・幼稚園教諭(宮城県)
最終学歴短大卒

キャリ姉
新卒から幼稚園教諭として勤務されているんですね。最初の幼稚園に入社した経緯や、具体的な仕事内容を教えてください。
20代で転職した幼稚園教諭Dさん
学生当時、進路相談室の教授より紹介していただき、園見学を行った上で前職には就職しました。幼稚園教諭の業務内容としては、満3歳児から小学校入学前の幼児の教育を行うことです。その他、クラスだよりの作成、行事の準備、月案・週案・日案の作成や反省、連絡帳の記入などを行っていました。自分の仕事内容は、年少クラス・年長クラスの担任になり、幼児の教育を行っていました。具体的には、幼児の安全を見守りながら一緒に遊ぶ、幼児の教育を行う、クラスだよりの作成、行事の準備、行事の司会・進行、月案・週案・日案の作成や反省、連絡帳の記入、バス添乗、幼児の要録の記入、毎月行う製作活動を考え準備をする、明日の準備をすることです。
キャリ姉
以前の幼稚園を辞めようと思ったきっかけ、転職理由は何でしたか?
20代で転職した幼稚園教諭Dさん
転職理由か…職場の業務のやり方、人間関係に私は不満がありました。また、定時で帰れるなんてことはなく、毎日残業は当たり前でした。たまに定時で帰ろうとしても主任に「私達が残っているんだから普通は先になんて帰らないから」と言われる日々。事前に園長・副園長・主任で話し合って決めていたことも事後報告だったり、行事の直前に言ったりするので困っていました。園長に相談をしても改善をするつもりはなく、むしろ主任が怖くて意見を言えないなんていう状況でした。園が変わるには園長に相談するしかないと思い、園長に相談したものの、このような状況ではどれだけここの園にいても絶対変わらないと思ったことが転職理由です。幼稚園教諭として働きたいという気持ちは消えなかったので、違う園での環境が改善されることを希望して転職を考えました。転職理由としては他の幼稚園教諭と同じようなものかもしれませんね。
キャリ姉
転職理由は、業務の進め方や人間関係に関する問題だったんですね。次も幼稚園教諭に絞って求人を探したと思いますが、転職活動は在職中から行っていたんですか?
20代で転職した幼稚園教諭Dさん
時間があれば転職サイト(リクナビnext、マイナビ転職)を見たり、休みの日には近くのハローワークに行って担当の方に相談したりしました。在職中に転職活動を始めて、1社応募し内定をいただきました。まだ20代前半で転職活動は初めてでしたが、「園見学をさせていただきたい」という私の思いも快く引き受けてくださり、ハローワークの担当の方もとても親切にひとつひとつ丁寧に教えてくださったおかげで、転職活動自体はスムーズでした。転職理由や希望条件も転職サイトやハローワークにしっかり伝えてしっかり希望条件が通るように意識しました。
キャリ姉
在職中に次の幼稚園が決まったんですね。転職先の幼稚園ではどのような業務を行っていますか?
20代で転職した幼稚園教諭Dさん
転職先の幼稚園の業務内容は、3歳児から小学校入学前の幼児の教育を行うことです。その他、クラスだよりの作成、行事の準備、週案の作成や反省、連絡帳の記入などを行っています。自分の仕事としては、年少クラスの担任になり、幼児の教育を行っています。具体的には、幼児の安全を見守りながら一緒に遊ぶ、幼児の教育を行う、クラスだよりの作成、行事の準備、行事の司会・進行、週案の作成や反省、連絡帳の記入、バス添乗、幼児の要録の記入、家庭訪問や教育相談、毎月行う製作活動を考え準備をする、明日の準備をすることです。その他にも実習生を受け持ち、まる1ヶ月の間、毎日の反省会をする、指導案の添削、日誌の確認などの実習生の指導も行なっています。
キャリ姉
実習生の受け持ちなど、幼稚園教諭としての仕事の幅が広がっているように思います。前の職場と比べて、今の幼稚園の良い点はどんなところですか?転職して良かったと思いますか?
20代で転職した幼稚園教諭Dさん
新しい幼稚園が転職前と比べて良い点は、人間関係がとてもいいことです。困ったりしたときにすぐに相談をする環境も整っており、私よりも必死に考えアドバイスをくれます。前職では相談をしても一向に改善されなかったりアドバイスをくれたりすることは全くありませんでした。また、今の職場の園長は「家庭が1番大事」という考え方なので、いくら担任を持っていたとしても、家庭でなにかあればなにも文句を言わずに「大丈夫だから休んで!」と言ってくれます。また、急に「休みが欲しくて……」「早退させていただきたくて……」なんて言っても快く承諾してくれます。融通がききやすい点もいいところの1つです。
今の幼稚園でも残業をすることはありますが、定時で帰れる日も多く、主任が「もう定時だよ!帰ろう!」と率先して行動してくれるため、気をつかわず気軽に定時で帰ることができています。本当に職場のみんなが仲良しでひとつのチームとして頑張っているところもとてもいいところだと思っています。そのほかに、年末年始・GW・お盆休みにしっかりと休むことができ、園長が「みんないつも頑張ってるから」といつも1日多く休みをくれることなども転職して成功だったと思っています。
キャリ姉
良い幼稚園に巡り合えたんですね。1社目の応募で採用が決まったとのことですが、20代の転職で不安を感じたことなどはありませんでしたか?
20代で転職した幼稚園教諭Dさん
20代で初めての転職でしたし、しかも22歳という若さだったのでもちろん不安はありました。「幼稚園教諭は同じ園で3年はやらないとわからない」「3年は我慢して働け」とよくいうので、短大卒で就職した幼稚園で2年間しか働かなかった経験から、「逃げなのではないか」と思われてしまったら……と考えました。そのため、転職で意識した点としては、やはり「逃げではない」ということを伝えようとしました。転職理由はどうしても聞かれるので、前向きに伝えられるように工夫しました。また、どうしても幼稚園教諭は辞めたくない、続けたいんだという強い意志を伝えるように意識しました。
キャリ姉
転職理由の伝え方を工夫し、幼稚園教諭という仕事への熱意をしっかりアピールしたんですね。20代で転職を考えている方に向けてメッセージをお願いします。
20代で転職した幼稚園教諭Dさん
20代での転職はまだ若く、経験もあまりないので不安も多いでしょうが、転職するなら早いうちの方がいいと思っています。よく「まだ若いんだから好きなことやりなさい」「まだ若いんだから色々なことができるよ」と言われませんか?その若さが武器です。でも、これから転職を考えている20代の方は本当にやりたいことは何なのか、なんで転職をしたいのか、何が不満なのかということをしっかり自分の中で考え、意見がまとまってから転職活動をした方が、スムーズに転職活動をしていくことができると思います。